ほくろ・いぼ治療 症例写真

ほくろ・いぼ治療 症例写真

電気メス・レーザー・切縫など「ほくろ・いぼ治療」の症例写真を紹介しています。
肌・美容皮膚科 症例写真Skin Photo Menu

CO2レーザー

  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ほくろレーザー治療

術式
CO2レーザー

費用
CO2レーザー
1個…¥10,000~

リスク
ほくろの再発、皮膚の陥没、炎症性色素沈着

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.レーザー後の赤み
ほくろをレーザーで削った部分は赤くなります。赤みは2か月程度で薄くなります。

施術時の痛みに対して
CO2レーザーの治療では局所麻酔を行いますので、レーザーを当てているときの痛みはありません。

再発のリスクに対して
本治療はほくろをレーザーで削り取る治療なので、ほくろが残っていると再発します。しかし、深く削りすぎれば術後の陥没をおこす可能性もあります。ほくろが深い場合には2回に分けた施術をお勧めします。また、部位によっては切開して除去する方法をお勧めすることもあります。

皮膚の陥没に対して
ほくろが深い場合は皮膚を深くまで削らないと除去できませんが、深すぎると皮膚が陥没してしまいます。特に、大きなほくろを深くまで削ると皮膚の陥没は避けられません。2回に分けた治療を行うか、切除する方法をお勧めすることもあります。

炎症性色素沈着
CO2レーザーを当てた後は皮膚が削られた状態となるので傷を治すために炎症がおきます。その炎症が起きている間に紫外線を浴びると色素沈着をおこす可能性があります。レーザーの照射後は2か月ほどの紫外線予防が必要です。当院では照射後の傷にも塗布できる日焼け止めクリームや透明なテープ(UVカット)をご準備しています。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
口周りのほくろを4か所治療しました。ほくろは浅いタイプでしたのでレーザーで切除しています。深く削り過ぎるとニキビ跡のような凹みができてしまうので、削り過ぎないように調節しています。治療後は炎症性色素沈着が起きないようにUVケアをしっかりとして頂きました。

電気メス、CO2レーザー

  • 電気メス、CO2レーザー 施術前施術前
  • 電気メス、CO2レーザー 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ほくろレーザー治療

術式
CO2レーザー

費用
CO2レーザー
1個…¥10,000~

リスク
ほくろの再発、皮膚の陥没、炎症性色素沈着

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.レーザー後の赤み
ほくろをレーザーで削った部分は赤くなります。赤みは2か月程度で薄くなります。

施術時の痛みに対して
CO2レーザーの治療では局所麻酔を行いますので、レーザーを当てているときの痛みはありません。

再発のリスクに対して
本治療はほくろをレーザーで削り取る治療なので、ほくろが残っていると再発します。しかし、深く削りすぎれば術後の陥没をおこす可能性もあります。ほくろが深い場合には2回に分けた施術をお勧めします。また、部位によっては切開して除去する方法をお勧めすることもあります。

皮膚の陥没に対して
ほくろが深い場合は皮膚を深くまで削らないと除去できませんが、深すぎると皮膚が陥没してしまいます。特に、大きなほくろを深くまで削ると皮膚の陥没は避けられません。2回に分けた治療を行うか、切除する方法をお勧めすることもあります。

炎症性色素沈着
CO2レーザーを当てた後は皮膚が削られた状態となるので傷を治すために炎症がおきます。その炎症が起きている間に紫外線を浴びると色素沈着をおこす可能性があります。レーザーの照射後は2か月ほどの紫外線予防が必要です。当院では照射後の傷にも塗布できる日焼け止めクリームや透明なテープ(UVカット)をご準備しています。

施術方法

電気メス、CO2レーザー

  • 電気メス、CO2レーザー 施術前施術前
  • 電気メス、CO2レーザー 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ほくろレーザー治療

術式
CO2レーザー

費用
CO2レーザー
1個…¥10,000~

リスク
ほくろの再発、皮膚の陥没、炎症性色素沈着

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.レーザー後の赤み
ほくろをレーザーで削った部分は赤くなります。赤みは2か月程度で薄くなります。

施術時の痛みに対して
CO2レーザーの治療では局所麻酔を行いますので、レーザーを当てているときの痛みはありません。

再発のリスクに対して
本治療はほくろをレーザーで削り取る治療なので、ほくろが残っていると再発します。しかし、深く削りすぎれば術後の陥没をおこす可能性もあります。ほくろが深い場合には2回に分けた施術をお勧めします。また、部位によっては切開して除去する方法をお勧めすることもあります。

皮膚の陥没に対して
ほくろが深い場合は皮膚を深くまで削らないと除去できませんが、深すぎると皮膚が陥没してしまいます。特に、大きなほくろを深くまで削ると皮膚の陥没は避けられません。2回に分けた治療を行うか、切除する方法をお勧めすることもあります。

炎症性色素沈着
CO2レーザーを当てた後は皮膚が削られた状態となるので傷を治すために炎症がおきます。その炎症が起きている間に紫外線を浴びると色素沈着をおこす可能性があります。レーザーの照射後は2か月ほどの紫外線予防が必要です。当院では照射後の傷にも塗布できる日焼け止めクリームや透明なテープ(UVカット)をご準備しています。

施術方法

ほくろ取り(切縫)

  • ほくろ取り(切縫) 施術前施術前
  • ほくろ取り(切縫) 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ほくろ除去術

術式
切除縫合術

費用
ほくろ取り(切縫)
1個…¥50,000~

リスク
感染症、傷跡、切除部位により変形をきたす可能性もある

副作用
1.傷の赤み
顔の傷だと赤みが残る期間は1か月から2か月ほどです。赤みが出ている期間に紫外線を浴びると炎症性色素沈着をきたす可能性があります。
2.手術部位の腫れ
大きな腫れはありませんが、小さな腫れは1日から2日程度あります。
3.術後痛み
手術した当日は軽度の痛みがあります。術後は鎮痛薬処方いたします。

リスクに対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤の内服を処方します。顔の手術には形成外科的な知識が必要になります。部位によって切開する方向を考えて行うため傷跡や術後変形を目立ちにくくすることができます。

副作用に対する予防
傷が赤い状態で紫外線を浴びると炎症性色素沈着をきたす可能性があります。当院では紫外線を予防する透明のシートや肌に優しいUVクリームをご用意しております。ほくろの切除では大きな腫れは起きませんが、術後1日はテープで創部を圧迫します。術後の痛みに対して鎮痛剤と胃粘膜保護剤を処方しています。


症例写真カテゴリーPhoto Category
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP