皮膚切除

皮膚切除

お腹・二の腕・内もも等の皮膚のたるみが気になる方に。

皮膚切除とは

ダイエット等で出来てしまった皮膚のたるみに

皮膚切除とは

皮膚切除は、たるみに対する手術です。脂肪吸引によって手でつかめる部分の脂肪を取ったとしても、皮膚は余ってしまうので、余分な皮膚の切除が必要になります。

また、急激なダイエットをした際にも、皮膚の収斂(しゅうれん)が間に合わずに皮膚が余ってしまうことがあります。場所は「下腹部・二の腕・大腿内側部」のことが多く、場合によっては腰から背中まで手術を行う場合もあります。

皮膚切除の施術プロセス

腹部の皮膚切除

腹部の皮膚切除

腹部の場合は、腹直筋を引き締めることで自然な流れの「くびれ」を作ることができ、まるでモデルさんのようなボディーラインに近づけることができます。

下腹部の皮膚切除

下腹部の皮膚切除

下腹部の場合、余っている部分の皮膚を切開して腹直筋の筋膜上で上腹部まで剥離します。腹直筋の離開があれば縫合します。その後、余っている皮膚を切除し縫合します。

この時に余っている皮膚の中にへそが含まれている場合には、へその位置を新しく作り直します。最後に皮膚を縫合しますが、出来る限り縫合線が下着に隠れるように縫合します。

施術は基本的に全身麻酔で行いますが、二の腕だけだったら局所麻酔でも可能です。

皮膚切除

Pick up症例
  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
皮膚切除

術式
腹部形成術

術式詳細
腹部皮膚切除

費用
皮膚切除
¥1,200,000~

リスク
感染症、皮下出血、傷跡、皮膚壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
術後は2週間程度の痛みがあります。また、立ち上がる動作の時に感じる違和感は2か月程度あります。
3.術後の腫れ
大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは2か月程度あります。腫れを抑えるために術後はサポーターやコルセットを着用します。

手術時の痛みに対して
腹部形成術は全身麻酔での施術となりますので、手術中の痛みはありません。

感染症に対して
手術は滅菌操作で行います。術後は抗生剤の点滴をします。

皮下出血に対して
術後の皮下出血を予防する目的で、皮膚の中にドレーン(管)を挿入したうえで圧迫します。術後1週間は包帯による圧迫を行います。

傷跡に対して
腹部形成術は余分な皮膚を切除するため下腹部の切開が必要になります。傷跡は通常6か月程度の赤くなる期間がありますが、1年ほどで薄くなります。傷の治る期間には個人差もあります。傷の線は下着で隠れるようにデザインします。

皮膚壊死のリスクに対して
腹部形成術では緩んだ腹直筋を引き締めるように縫合するため広い範囲で皮膚を剥がします。皮膚を剥がして余分な部分を切除するだけなら問題ありませんが、同時に脂肪吸引を行うと血流が悪くなる可能性があります。脂肪吸引が必要な場合は分けて行うことをお勧めします。

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
通常腹部のたるみは下腹部にできることが多いですが、この方は下腹部から上腹部まで腹部全体のたるみを生じていました。手術は下腹部と同時に上腹部に対しても行いました。下腹部は下着に隠れる範囲で皮膚切除および腹直筋の縫合、へそ位置の変更を行っています。上腹部に対してはブラジャーに隠れる範囲で切開してたるんでいる組織をリフトアップしています。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
一度たるんでしまった皮膚は手術で治す以外の方法はありません。

皮膚切除は腹直筋を縮めるためウエストのラインがきれいになります。皮膚切除で一番重要なポイントは、切開した後の傷です。傷は時間が経てば目立たなくなっていきますが、線としては残ります。当院ではできるだけ傷が目立たぬよう下着や水着で隠れる部分に収めるように工夫しています。

皮膚切除によってへその位置が変わる可能性もありますが、この場合は移動の施術を行います。なお、当院の皮膚切除の手術では、腹直筋をプライケーション(縫合して引きしめる)することにより「くびれ」を作ることも多くあります。

施術のポイント

皮膚切除のポイント

ゆっくりお休みいただける入院設備を完備しております ゆっくりお休みいただける入院設備を完備しております

皮膚切除は術後の傷の管理が大切なため、1週間ほどの入院が必要です。だから皮膚切除を行うには入院設備が整っているクリニックでなければなりません。
大塚美容形成外科では、皮膚切除の手術後に患者様がゆっくりお休み頂ける清潔な入院設備を完備しております(大塚本院)

術後の痛みについて 術後の痛みについて

手術後数時間経つと、少し痛みを感じるようになります。痛みのピークは一般的には手術の翌日で、当院では痛みの対策として患者様に鎮痛剤をお出ししています。
痛みの感じ方には個人差が有りますが、基本的に鎮痛剤をお飲み頂ければおさまります

手術の傷跡について 手術の傷跡について

傷は半年程度は赤みがありますが、1年程度でだんだんと白く目立たなくなります。ですが、傷自体は完全に消えるものではありません

大塚美容形成外科では、傷跡がなるべく目立たないように、下着で隠れる位置等を施術するようにしております。

皮膚切除のプロセス

腹部皮膚切除のデザインパターン

  • 下腹部のたるみのみ
    下腹部のたるみのみ
  • 下腹部から腰まで
    下腹部から腰まで
  • 腹部全体が大きい
    腹部全体が大きい
  • 腹部全体から背部までたるみがある 腹部全体から背部までたるみがある
    腹部全体から背部までたるみがある

皮膚切除の施術プロセス

  • カウンセリングで患者様のご要望を伺い、どの程度のたるみを取りたいのか話し合います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話ネットでお申し込み下さい。
  • 手術前に立位でデザインし最終確認を行います。
  • 全身麻酔後に手術を行います。皮膚切除の施術は基本的に全身麻酔で行いますが、二の腕だけだったら局所麻酔でも可能です。
  • 手術は3~5時間程度、その後は3~7日程度の入院が必要です。皮膚切除は入院が必要なため、入院設備が整っているクリニックでなければ不可能な施術です。

皮膚切除 動画

美容口コミ広場TVで紹介された、「おなかのたるみを綺麗に整形で治せる?」動画です。当院の石井医院長が、皮膚切除について詳しく解説しています。

お腹のたるみと皮膚切除についての詳細な解説と施術方法 動画

こんな悩みの方に

  • Case 1
    急激なダイエットにより、皮膚がたるんでしまった
  • Case 2
    脂肪と皮膚のたるみを両方なくしたい
  • Case 3
    妊娠で伸びてしまった皮膚を元に戻したい

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
皮膚切除

術式
形成術

術式詳細
皮膚切除

費用
皮膚切除
¥1,200,000~

リスク
感染症、皮下出血、傷跡、皮膚壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
術後は2週間程度の痛みがあります。また、立ち上がる動作の時に感じる違和感は2か月程度あります。
3.術後の腫れ
大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは2か月程度あります。腫れを抑えるために術後はサポーターやコルセットを着用します。

手術時の痛みに対して
腹部形成術は全身麻酔での施術となりますので、手術中の痛みはありません。

感染症に対して
手術は滅菌操作で行います。術後は抗生剤の点滴をします。

皮下出血に対して
術後の皮下出血を予防する目的で、皮膚の中にドレーン(管)を挿入したうえで圧迫します。術後1週間は包帯による圧迫を行います。

傷跡に対して
腹部形成術は余分な皮膚を切除するため下腹部の切開が必要になります。傷跡は通常6か月程度の赤くなる期間がありますが、1年ほどで薄くなります。傷の治る期間には個人差もあります。傷の線は下着で隠れるようにデザインします。

皮膚壊死のリスクに対して
腹部形成術では緩んだ腹直筋を引き締めるように縫合するため広い範囲で皮膚を剥がします。皮膚を剥がして余分な部分を切除するだけなら問題ありませんが、同時に脂肪吸引を行うと血流が悪くなる可能性があります。脂肪吸引が必要な場合は分けて行うことをお勧めします。

施術時間 2~5時間程度(施術箇所による)
ダウンタイム 傷は半年程度は赤みがありますが、1年程度で白く目立たなくなります。尚、施術直後は激しい運動や飲酒は禁止です。
術後の腫れ 強い腫れは約2週間(個人差あり・施術箇所による)
施術の痛み 麻酔をするので痛みはほとんどありません
入院・通院 3~7日程度、手術後約7日で抜糸
麻酔 基本は全身麻酔、施術箇所によっては局所麻酔
持続性 半永久
シャワー・入浴 施術箇所によるので医師の指示に従うこと。抜糸後は浴槽への入浴可。

施術料金

施術名 定価(税抜)
皮膚切除 ¥1,200,000~

よくあるご質問

入院は必要ですか?
施術後は傷の管理のために1週間程度の入院が必要です。大塚美容形成外科には、清潔な入院設備を完備しております(大塚本院)。
傷跡は残りますか?
傷跡は完全には消えません。半年ぐらいは赤みが残り、1年程度で徐々に白く目立たなくなります。大塚美容形成外科では、傷口が下着に隠れる位置を施術する等、工夫をした施術を心がけております。

関連コンテンツ

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP