ミューラー筋タッキング法(MT法)-切らない眼瞼下垂の手術-

ミューラー筋タッキング法(MT法)-切らない眼瞼下垂の手術-

ミューラー筋タッキング法(MT法)

大塚美容の切らない眼瞼下垂手術。手術中に目の開きを確認して調節することができます。

ミューラー筋タッキング法(MT法)とは

眼瞼下垂の手術を切らない方法で行うことができる手法です

ミューラー筋タッキング法(MT法)-切らない眼瞼下垂の手術-とは

MT法とは切らないで目の開きを良くする施術です。目の開きは生まれつき弱い方と加齢により弱くなる方がいますが、どちらの方でもMT法で改善することができます。また、MT法はまぶたの裏側から筋肉を縮めて縫合するので皮膚側にできる傷はありません。

眼瞼下垂の治療は本来は切開する方法が主流ですが、術後の腫れる期間が長いため仕事の関係などで長期の休みが取りにくく切開の手術をお受けできない方も多くいらっしゃいますが、そのような方でもMT法ならばダウンタイムを抑えることができます。

腫れにくく、手術中に目の開きを確認して調節することが可能です

ミューラー筋タッキング法(MT法)は腫れにくく、手術中に目の開きを確認して調節することが可能です

ミューラー筋タッキング法(MT法)の最大の特徴は、患部が腫れにくく仕上がった完成形を手術中に確認できることです。

MT法は手術と同時に二重まぶたを形成するケースが多いため、埋没法と組み合わせた手術がよく行われています。大塚美容形成外科の埋没法は2点留め・3点連結法(フォーエバーブリリアント埋没法※)という線で固定する埋没法なので、取れにくいという特徴があります。

また、MT法とフォーエバーブリリアント埋没法の組み合わせだとほとんど腫れないため、手術中に患者さまが鏡を見ながら、術後はどのような目になるかを腫れていない状態で確認できます。確認時の糸は仮留め状態のため、その後の微調整も可能です。なので患者様が納得した状態で仕上げられるため満足度が高く、安心して受けていただくことができます。

ミューラー筋タッキング法(MT法)のプロセス

  • ミューラー筋タッキング法(MT法)-切らない眼瞼下垂の手術-の施術プロセス その1 ミューラー筋タッキング法(MT法)とは、上まぶたの裏側から糸を入れて、瞼板とミューラー筋を折りたたんで(タッキング)して縫い縮める手法です。
    まず、瞼の裏側から瞼板と挙筋腱膜に糸を通します。
  • ミューラー筋タッキング法(MT法)-切らない眼瞼下垂の手術-の施術プロセス その2 折りたたんで(タッキング)内側に固定します。ミュラー筋は挙筋腱膜と同時に折りたたまれます。腱膜と瞼板の2点留めになります。
    MT法は目の開きをよくする手術ですが、同時に二重まぶたを形成するケースが多いため、埋没法と組み合わせた手術がよく行われています。
  • ミューラー筋タッキング法(MT法)-切らない眼瞼下垂の手術-の施術プロセス その3 当クリニックの埋没法は2点留め・3点連結法(フォーエバーブリリアント埋没法)になります。3点連結法は線の固定なので、取れにくいという特徴があります。
    施術についてのカウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
治験の段階から参加しています。

通常のMT法では筋肉を縮める糸で二重まで固定する方法が主流ですが、この方法だと糸をしっかりと結ぶことができません。もしも、糸を強く結んでしまうと目の開きが悪くなってしまう可能性もあるため緩めに固定することが多いです。そうすると二重の固定としては弱くなるので二重が取れやすいという欠点があります。

当院のMT法は筋肉を縮めて固定する糸と二重を固定する糸を分けていますので、どちらも適度な力で固定することができます。大塚式のMT法のこだわりは目の開きはしっかりとして、二重も取れにくい結果となることを目指しています。

施術のポイント

  • Case 1
    切らない施術
  • Case 2
    ダウンタイムが短い
  • Case 3
    手術中に目の開きを調節することができる

施術の詳細・留意点

施術時間 40分
術後の腫れ 2週間(軽い腫れは1~2ヶ月程度)
施術の痛み なし
入院・通院 不要
麻酔 点眼麻酔と局所麻酔
洗顔 当日可
シャワー・入浴 シャワー:当日可
軽い入浴:当日可
メイク 2日後から
コンタクトレンズ 手術当日のレンズ使用は避け、2~3日目以降にします。

施術料金

施術名 場所 定価(税抜)
ミューラー筋タッキング法(MT法) 片目 ¥150,000
両目 ¥250,000

よくあるご質問

当院のMT法は手術中に「目の開き」の確認とともに「二重幅」の確認もできます。もしも、目が開きすぎていたり、左右差がある場合には手術中に希望の状態になるまで調節することができます。
MT法は切開せずに糸で筋肉を縫い縮める方法です。糸が取れなければ戻りませんが、糸が切れてしまったり、組織から外れてしまうと戻ってしまう可能性もあります。
MT法の手術は自費診療となりますので保険適応にはなりません。
目の開きは「へリングの法則」のより左右の開きがお互いに関係しあっているため片目の手術だけ行うと結果的に左右差となってしまう可能性もあります。しかし、このへリングの法則による影響がどのように現れるかは術前のシミュレーションの際にある程度ですが予測することができます。よって、術前に片目だけの施術で良いか両目の方が良いかの判断をお伝えすることができます。
MT法と同時に脂肪除去やタルミ除去を行うこともできます。脂肪除去は小切開で行いますが、タルミ除去は切開しない方法で行うことができます。
眼瞼下垂ではなくても単に「目の開きが少し弱い」という方は多くいらっしゃいます。そのような方だと二重幅を広げることにより眠たい目つきになってしまう可能性が高くなります。そこで、MT法を行うことにより二重幅を広げても目の開きが悪くならず、目力のある目元となります。また、目の開きが元々強い方もいらっしゃいます。その場合にはMT法の必要はなく埋没法だけで目の開きも強くすることができます。
MT法で使用する糸は非吸収性の糸なため残ります。糸はまぶたの裏側なので見えることはありませんし、異物感に感じることもありません。

関連コンテンツ

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 20年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
クリニック一覧 TOP