眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術) / 二重まぶたの整形

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)による二重整形

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)

眠そうに見える目もとや加齢などで垂れたまぶたを元に戻し、目力をアップさせます。

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)とは

垂れたまぶたを元に戻して目力UP

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)とは

加齢などにより上まぶたの筋力が落ちて筋肉が伸びきり、まぶたが力なく下がっている状態を、眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。

以前は二重だった人でも、たるんだまぶたのせいで一重になってしまったり、眠たそうな目になってしまいます。

眼瞼下垂は加齢以外にも、まぶたへ刺激を与え続けたり、パソコンなど目に集中することが多い人、また逆さまつ毛の人などにも多くみられる症状です。

眼瞼下垂の治療には眼瞼挙筋短縮法という手術を行います。
また大塚美容形成外科では、ダウンタイムが短い切らない眼瞼下垂治療「ミューラー筋タッキング法(MT法)」も行っています。

こんなお悩みに

  • Case 1
    まぶたが年齢とともにさがってきた
  • Case 2
    眠たそうな目と言われる
  • Case 3
    目が開きにくい、視野が狭くなった

まずはお気軽に
ご相談ください

無料メール相談はこちら 無料カウンセリング予約はこちら

無料電話相談
0120-80-1611

眼瞼下垂とは

さまざまな症状を引きおこします

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)とは

眼瞼下垂とは、上まぶたを開けようとしても目の開きが弱く、開きにくくなっている症状です。
先天性(生まれつき)によるものと加齢などによる後天性のものがあります。

通常は目を開いた時、上まぶたが黒目の部分に0.5〜1mm程度かぶさっています。それよりまぶたが下がっている状態が眼瞼下垂となり、症状によって軽度・中程度・重度と3段階に分かれます。

症状としては、まぶたが重たい、視野が狭くなる、目が開きにくい、疲れ目、肩こり、頭重感などが挙げられます。

老けてみえるシワやくぼみ

美容的な特徴としては、目を開こうと無理に眉毛を上げるため、額にシワができやすくなります。
また、二重まぶたの方は眼瞼下垂が進むにつれて二重の線が浅くなり、やがて線が消えてしまいます。若い時に埋没法で二重にした方も、二重の線が取れてきます。

さらに、上眼瞼の中にある挙筋腱膜の上には脂肪が乗っていますが、眼瞼下垂は腱膜が瞼板から外れている状態で、脂肪も一緒にずれて奥に引っ込むため、上まぶたがくぼんでしまい、老けて見えてしまいます。

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)とは

眼瞼下垂の治療について

当院での眼瞼下垂の治療には、メスを使い手術をする一般的な治療法「眼瞼挙筋短縮法」メスを使わず治療するダウンタウンの短い「ミューラー筋タッキング法(MT法)」があります。

医師が患者様のご希望を伺い、眼瞼下垂の状態など丁寧に診察し、患者様に合った施術方法をご提案いたします。

眼瞼拳筋短縮法

眼瞼下垂の治療 眼瞼拳筋短縮法 眼瞼挙筋腱膜

上まぶたを表側から切開して、眼瞼挙筋腱膜という腱膜と瞼板という軟骨を縫合して固定する方法で、眼瞼下垂の改善としては一般的な治療法です。

手術により筋肉の力が伝わりやすくなって目が開きやすくなります。
パンツのゴムがゆるくなっている状態だとゴムが効かないけれども、ゴムを短くすればゆるまない。腱膜を短くして、筋肉の力を伝わりやすくするイメージです。

眼瞼下垂の治療 眼瞼拳筋短縮法 眼瞼挙筋腱膜

先天性の眼瞼下垂のように筋肉の力が弱く目が開きづらい方は、縫合のみだと効果が出にくい場合があります。その場合は腱膜をタッキングして固定、縮めることで目を開きやすくします。

ダウンタイムについて

術後には大きな腫れが約2週間、小さな腫れが1〜2ヶ月ぐらい続きます。

保険診療では入院がセットになっている医療機関がありますが、自費診療は原則日帰りです。特に入院が必要な手術ではないと考えています。

術後の腫れ 2週間(軽い腫れは1~2ヶ月程度)
通院 術後約1週間後に抜糸のための来院が必要です。
洗顔 手術翌日より可能
シャワー・入浴 シャワーは手術翌日より可能、入浴は抜糸翌日から可能です。
メイク アイメイク以外のメイクは手術当日から可能です。アイメイクは抜糸が終わった翌日から可能です。
コンタクトレンズ 手術当日のレンズ使用は避け、2~3日目以降にします。

ミューラー筋タッキング法
(MT法)

眼瞼下垂の治療 ミューラー筋タッキング法(MT法)

上まぶたを切らずに上まぶたの裏側から糸を入れて、瞼板とミューラー筋をタッキングして縫い縮める方法です。眼瞼挙筋腱膜と比べ、腫れが少なく、ダウンタイムも短いので長期の休みが取りづらい方におすすめです。

まずはお気軽に
ご相談ください

無料メール相談はこちら 無料カウンセリング予約はこちら

無料電話相談
0120-80-1611

保険診療での眼瞼下垂治療との違い

For Beauty

自由診療ならではの
自然で美しい仕上がり

眼瞼下垂の手術は保険診療でも受けられますが、保険適用の場合、目を開くという機能の改善が最優先の目的としているため、皮膚切除によるビックリ目や左右差が出てしまうことがあります。また中等度以上の眼瞼下垂でないと保険適用は受けられません。

当院では、保険診療で眼瞼下垂の手術を行ってきた医師が、ビックリ目や左右差ができるだけ出ないよう手術を行います。

また眼瞼下垂の施術は同時に二重まぶた形成の手術でもあります。
豊富な二重まぶた形成の経験を活かし、デザインなど美容面も重視した治療を行います。

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)症例

New!
  • 画像がこのブラウザには対応しておりません
    施術前
  • 画像がこのブラウザには対応しておりません
    施術後(1カ月後)
画像がこのブラウザには対応しておりません
施術後(3カ月後)

施術詳細(リスクと副作用)

手術名 眼瞼下垂術
術式 挙筋腱膜短縮術
費用
眼瞼下垂術
片目…¥385,000
両目…¥550,000
リスク 感染症、皮下出血、後戻り、左右差、傷跡、ドライアイ
副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは1~2か月程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。
リスクと副作用に対する予防 術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。
傷跡に対する予防 眼瞼下垂の手術後には切開した傷があります。当院では傷跡が目立たないように切開線のデザインや皮膚切除量を調節して手術を行っています。傷跡はステロイド含有軟こうを短期間使用することで赤みを抑えることができます。また、術後は紫外線ケアをすることで術後の色素沈着を抑えることができます。
ブログ記事を見る

- Doctor's Commentドクターコメント - Doctor's Comment

20代の男性モニターさんです。ぱっちりとした二重にしたいとご来院いただきました。現在の状態は一重まぶたですが、目はしっかりと開いています。しかし、シミュレーションで二重にすると目の開きは悪くなってしまい、眠たそうな目つきになります。この状態だと埋没法で二重にすることができません。
術前は二重のラインがうっすらありますが、力を入れて目を開いても一定以上は開かない状態でした。術後1ヶ月後には、腫れの引き方に個人差はありますがまだ小さな腫れは残っています。しかし、意識しなくても目は大きく開くようになりました。3ヶ月後には小さな腫れもひき、しっかりとした二重のラインになりました。

まずはお気軽に
ご相談ください

無料メール相談はこちら 無料カウンセリング予約はこちら

無料電話相談
0120-80-1611

眼瞼挙筋短縮法
(眼瞼下垂の手術)のプロセス

  • 01医師によるカウンセリング

    眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その1 眼瞼下垂で眠そうに見える目もとや、加齢でたるんだまぶたについて、医師がカウンセリングを行います。
  • 02施術

    眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その2 メスで切開し、瞼板(けんばん)と挙筋(きょきん)を露出します。
    二重の人は二重のラインに沿って切開。余分な皮膚と筋肉を取り縫合する「切開法」などの方法を用います。
  • 眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その3 瞼板と挙筋を縫合し、まぶたの開く力を強化します。施術の所用時間は片目約30分程度、両目約60分程度です。
  • 03完成

    眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その4 まぶたの力がアップして、自然な状態でもパッチリ明るい目もとに!術後約1週間で抜糸をして終了です。
ミューラー筋タッキング法(MT法)
バレにくい大塚美容の二重埋没法
目もと・二重埋没法 症例ブログ
二重埋没法 モニター募集

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)

手術名 眼瞼下垂術
術式 挙筋腱膜短縮術
費用
眼瞼下垂術
片目…¥385,000
両目…¥550,000
リスク 感染症、皮下出血、後戻り、左右差、傷跡、ドライアイ
副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは1~2か月程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。
リスクと副作用に対する予防 術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。
傷跡に対する予防 眼瞼下垂の手術後には切開した傷があります。当院では傷跡が目立たないように切開線のデザインや皮膚切除量を調節して手術を行っています。傷跡はステロイド含有軟こうを短期間使用することで赤みを抑えることができます。また、術後は紫外線ケアをすることで術後の色素沈着を抑えることができます。
施術時間 90分
ダウンタイム 2週間(軽い腫れは1~2ヶ月程度)
腫れ・傷跡 腫れは、2週間(軽い腫れは1~2ヶ月程度)、傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
施術の痛み チクッとする程度
入院・通院 入院不要。手術時間は90分程度で、術後約1週間後に抜糸のための来院が必要です。
麻酔 点眼麻酔と局所麻酔
洗顔 手術翌日より可能
シャワー・入浴 シャワーは手術翌日より可能、入浴は抜糸翌日から可能です。
メイク アイメイク以外のメイクは手術当日から可能です。アイメイクは抜糸が終わった翌日から可能です。
コンタクトレンズ 手術当日のレンズ使用は避け、2~3日目以降にします。

施術料金

施術名 場所 定価(税込)
眼瞼挙筋短縮法 片目 ¥385,000
両目 ¥550,000

※自由診療のため保険適用外となります。

まずはお気軽に
ご相談ください

無料メール相談はこちら 無料カウンセリング予約はこちら

無料電話相談
0120-80-1611

よくあるご質問

両目一緒に眼瞼下垂治療の手術しても目は見えますか?

眼瞼下垂を治療する手術は眼球の手術ではないので、「目が見えなくなる」「視力が悪くなる」といったことはありません。

眼瞼挙筋短縮法の術後、傷跡が残りませんか?

傷は二重のライン上になるので、目の開いた状態では見えません。目を閉じると傷は見えますが、1ヶ月ほどで自然な線になります。

眼瞼挙筋短縮法のダウンタイムはどのくらいですか?

2週間(軽い腫れは1~2ヶ月程度)です。術後約1週間後に抜糸のための来院が必要です。

関連コンテンツ

大塚美容が支持される理由

小さな手術で大きな効果を
01

小さな手術で大きな効果を

創立以来の当院の基本理念です。
患者様の心身のご負担を少しでも取り除くことができる手術の提案をし、また、患者様のご希望をきちんと理解することで、効果を導き出しています。

経験に基づく技術
02

経験に基づく技術と豊富な症例数

1976年の大塚院開院以来、国内外の多くの学会発表の経験があり、その研究成果や実績を活かした施術を行っています。

丁寧なカウンセリング
03

医師による丁寧なカウンセリング

手術方法だけではなく、メリット・デメリットについても医師が丁寧に説明します。手術前の不安を取り除いてください。また手術後は、メール相談や24時間対応の緊急連絡先にいつでもご相談可能です。

確立された技術力
04

確立された技術力

日本形成外科学会や大学病院で経験を積んだ形成外科医・美容外科医が在籍し、日々技術力の向上に努めています。
また更なるスキルアップのため医師同士の意見交換会も実施しています。

目もと・二重まぶた 診療内容一覧
Web予約
クリニック一覧 ▲上へ