美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の治療

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)による二重整形

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)

眠そうに見える目もとや加齢などで垂れたまぶたを元に戻し、目力をアップさせます。

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)とは

垂れたまぶたを元に戻し目力をアップ

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)とは

加齢などにより上まぶたの筋力が落ちて筋肉が伸びきり、まぶたが力なく下がっている状態を、眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。以前は二重だったのに、たるんだまぶたのせいで一重になってしまったり、眠たそうな目になってしまいます。

眼瞼下垂は加齢以外にも、まぶたへ刺激を与え続けたり、パソコンなど目に集中することが多い人、また逆さまつ毛の人などにも多いです。このような場合は眼瞼挙筋短縮法という手術を行います。

保険診療との違い

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)とは

眼瞼下垂の手術は保健医療でも行っておりますが、この場合は保険適用となるため機能が重視され、デザインや見た目という点は二の次です。
当院では、保険医療で眼瞼下垂の手術を行ってきた医師が、さらにデザインなど美容面も重視して手術を行います。

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)

New!
  • 施術前
  • 施術後(1カ月後)
眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)施術後(3カ月後)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
眼瞼下垂術

術式
挙筋腱膜短縮術

費用
眼瞼下垂術
片目…¥350,000
両目…¥500,000

リスク
感染症、皮下出血、後戻り、左右差、傷跡、ドライアイ

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは1~2か月程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

傷跡に対する予防
眼瞼下垂の手術後には切開した傷があります。当院では傷跡が目立たないように切開線のデザインや皮膚切除量を調節して手術を行っています。傷跡はステロイド含有軟こうを短期間使用することで赤みを抑えることができます。また、術後は紫外線ケアをすることで術後の色素沈着を抑えることができます。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代の男性モニターさんです。ぱっちりとした二重にしたいとご来院いただきました。現在の状態は一重まぶたですが、目はしっかりと開いています。しかし、シミュレーションで二重にすると目の開きは悪くなってしまい、眠たそうな目つきになります。この状態だと埋没法で二重にすることができません。
術前は二重のラインがうっすらありますが、力を入れて目を開いても一定以上は開かない状態でした。術後1ヶ月後には、腫れの引き方に個人差はありますがまだ小さな腫れは残っています。しかし、意識しなくても目は大きく開くようになりました。3ヶ月後には小さな腫れもひき、しっかりとした二重のラインになりました。

眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)のプロセス

  • 眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その1 眼瞼下垂で眠そうに見える目もとや、加齢でたるんだまぶたについて、カウンセリングを行います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • 眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その2 メスで切開し、瞼板(けんばん)と挙筋(きょきん)を露出します。
    二重の人は二重のラインに沿って切開。余分な皮膚と筋肉を取り縫合する「切開法」などの方法を用います。
  • 眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その3 瞼板と挙筋を縫合し、まぶたの開く力を強化します。施術の所用時間は片目約30分程度、両目で約60分程度です。
  • 眼瞼挙筋短縮法(眼瞼下垂の手術)の施術プロセス その4 まぶたの力がアップして、自然な状態でもパッチリ明るい目もとに!術後約1週間で抜糸をして終了です。
目もと・二重埋没法 症例ブログ
二重埋没法 モニター募集

こんな悩みの方に

  • Case 1
    まぶたが年齢とともにさがってきた
  • Case 2
    眠たそうな目と言われる

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
眼瞼下垂術

術式
挙筋腱膜短縮術

費用
眼瞼下垂術
片目…¥350,000
両目…¥500,000

リスク
感染症、皮下出血、後戻り、左右差、傷跡、ドライアイ

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは1~2か月程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

傷跡に対する予防
眼瞼下垂の手術後には切開した傷があります。当院では傷跡が目立たないように切開線のデザインや皮膚切除量を調節して手術を行っています。傷跡はステロイド含有軟こうを短期間使用することで赤みを抑えることができます。また、術後は紫外線ケアをすることで術後の色素沈着を抑えることができます。

施術時間 90分
術後の腫れ 2~3日(軽い腫れは1週間程度)
施術の痛み なし
入院・通院 入院不要。手術時間は90分程度で、術後約1週間後に抜糸のための来院が必要です。
麻酔 点眼麻酔と局所麻酔
洗顔 抜糸翌日から可能です。
シャワー・入浴 シャワーは手術翌日より可能ですが、顔にシャワーの湯水がかからないよう注意します。
入浴は抜糸翌日から可能です。
メイク アイメイク以外のメイクは手術当日から可能です。
コンタクトレンズ 手術当日のレンズ使用は避け、2~3日目以降にします。

施術料金

施術名 場所 定価(税抜)
眼瞼挙筋短縮法 片目 ¥350,000
両目 ¥500,000

よくあるご質問

両目を一緒に手術しても目は見えますか?
眼球の手術ではないので、「目が見えなくなる」「視力が悪くなる」といったことはありません。
傷跡が残りませんか?
傷は二重のライン上になるので、目の開いた状態では見えません。目を閉じると傷は見えますが、1ヶ月ほどで自然な線になります。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP