下まぶたたるみ取り(脱脂法)

下まぶたたるみ取り(脱脂法)

下まぶたたるみ取り(脱脂法)

目元の余分な脂肪を取り、若々しい肌に。

下まぶたたるみ取り(脱脂法)について

下まぶたたるみ取り(脱脂法)とは

下まぶたたるみ取り(脱脂法)とは

目元の皮膚は薄く、また、頻繁にまばたきをするために筋肉の動きが激しいのでたるみなどの老化が起きやすいパーツになっています。
加齢により下まぶたがたるみ、クマや目袋ができると老けて疲れた印象を与えてしまいます。

下まぶたたるみ取り(脱脂法)は、こういったクマや目袋を解消する施術です。

下まぶたたるみ取り(脱脂法)の特徴

下まぶたたるみ取り(脱脂法)の特徴

下まぶたたるみ取り(脱脂法)は下まぶたの裏側から行う「経結膜脱脂術」で手術を行います。(皮膚の切開は行いません)

「経結膜脱脂術」は下まぶたの裏側を切開して余分な脂肪を取り除くため、傷跡は見えません。所要時間は1時間ほどと短く、体への負担も少なくてすみます。
顔の印象は目元で決まります。施術を行い、目元が変わると一気に若々しい印象になります。

「加齢による目の下のふくらみが目立つ」「目袋があり、老けて見られる」「クマがあって疲れているように見えてしまう」という悩みがある方におすすめです。

こんなお悩みの方に

  • Case 1
    目元のたるみやクマで悩んでいる
  • Case 2
    下まぶたがたるみ、老けて見える
  • Case 3
    目袋が気になる

大塚美容のこだわり

For Beauty

目の下の膨らみ(baggy eye)を改善する方法です。同時にヒアルロン酸注入を行うと「くま」の治療にも最適です。

脱脂法は結膜側(まぶたの裏の赤い部分)から手術するので傷は見えません。
目の下にできる膨らみは眼窩脂肪という袋に包まれた脂肪が原因です。下まぶたの眼窩脂肪は3部位に分かれているので必要な部位の脂肪を切除していきます。縫合は吸収される糸で行うので抜糸の必要はありません。

膨らみの下は陥凹している部分(眼頬溝)です。ここが強く陥凹していると影となるため「くま」と呼ばれます。脱脂法と同時にこの陥凹部にヒアルロン酸を注入すると「くま」も改善するため若返り効果が高いです。

施術の留意点

所要時間 1時間程度
ダウンタイム 1日~2日
腫れ・傷跡 なし
施術の痛み なし
入院・通院 なし
麻酔 点眼麻酔・局所麻酔
持続性 半永久的
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 当日からシャワーは可能。入浴は翌日から。
メイク 当日から可能

施術料金

施術名 場所 定価(税込)
下まぶたたるみ取り(脱脂法) 片目 ¥154,000
両目 ¥220,000

よくあるご質問

傷跡はどのぐらい目立ちますか?
下まぶたたるみ取り(脱脂法)は、下まぶたの裏側の結膜から切開し、余分な脂肪を取り除くため、施術後の傷跡は全くわかりません。
コンタクトレンズはいつから着用できますか?
患者様の術後経過によって多少の前後はありますが、通常、術後3日後からコンタクトレンズの装着が可能となっております。

大塚美容が支持される理由

小さな手術で大きな効果を
01

小さな手術で大きな効果を

創立以来の当院の基本理念です。
患者様の心身のご負担を少しでも取り除くことができる手術の提案をし、また、患者様のご希望をきちんと理解することで、効果を導き出しています。

経験に基づく技術
02

経験に基づく技術

1976年の大塚院開院以来、国内外の多くの学会発表の経験があり、その研究成果や実績を活かした施術を行っています。

丁寧なカウンセリング
03

丁寧なカウンセリング

手術方法だけではなく、メリット・デメリットについても説明します。手術前の不安を取り除いてください。また手術後は、メール相談や24時間対応の緊急連絡先にいつでもご相談可能です。

確立された技術力
04

確立された技術力

日本形成外科学会や大学病院で経験を積んだ形成外科医・美容外科医が在籍し、日々技術力の向上に努めています。
また更なるスキルアップのため医師同士の意見交換会も実施しています。

アラガンビューティーアワード5年以上連続受賞
05

アラガンビューティーアワード
5年以上連続受賞

アラガン社は厚生労働省の認可製品である「ボトックスビスタ®」「ジュビダームビスタ®」といったボトックス製剤とヒアルロン酸製剤を扱っている会社です。
アラガン社が日本における美容医療の発展に貢献したクリニックへ贈る賞、ということで受賞させていただきました。

これからも、大塚美容形成外科は安全性の高い美容医療を提供できるよう努めてまいります。

目もと・二重まぶた 診療内容一覧
Web予約
クリニック一覧 ▲上へ