小顔・輪郭・アゴ 症例写真

小顔・輪郭・アゴ 症例写真

注入法やリフトアップなどの小顔・輪郭・アゴの施術に関連する症例写真を紹介しています。
小顔・輪郭・アゴ 症例写真Outline Photo Menu

脂肪分解注射(BNLS neo)頬~顎

Pick up症例
  • 施術前 正面
  • 施術後 正面

  • 施術前 横向き
  • 施術後 横向き
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
BNLS neo注射

術式詳細
頬の脂肪を溶解する注射

費用
BNLS neo注射
1本 1回…¥15,000
1本 3回…¥39,000
2本 1回…¥30,000
2本 3回…¥70,000
3本 1回…¥45,000
3本 3回…¥99,000
4本 1回…¥60,000
4本 3回…¥128,400
5本 1回…¥75,000
5本 3回…¥150,000

リスク
効果が少ない

副作用
1.術後の腫脹
本治療はほとんど腫れません
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.術後痛み
本治療は術後の痛みはほとんどありません。
4.針孔の赤み
BNLS neoの治療は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
皮膚の浅い部分に注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。注入の際にカニューレ針という針を使用すると針孔も目立ちません。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。

効果が少ないリスクに対して
脂肪の量に対して注入量が少ないと効果が表れにくくなります。また、効果には個人差があるので効きにくい場合もあります。1週間おきに3回の治療が目安となります。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代のモニターさんです。BMIが19という細身の方です。この体系からのダイエットは健康的にも良くないです。しかし、頬周りに脂肪が付きやすいということでBNLSの治療を始めました。
BNLSは脂肪の量に合わせて注入量を決めます。今回は片方の頬に2本、顎から首にかけた範囲で2本の注入を行いました。治療の前後で体重の変化はありませんが、頬の周りがスッキリしました。

ヒアルロン酸注入

  • ヒアルロン酸注入 施術前施術前
  • ヒアルロン酸注入 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
あご形成術

術式
顎ヒアルロン酸注入

費用
顎ヒアルロン酸注入
ジュビダームビスタ(アラガン社)
ウルトラ(1本・1ml)…¥80,000 厚生労働省認可
ウルトラプラス(1本・1ml)…¥80,000 厚生労働省認可

ベロテロ(メルツ社)
ソフト(1本・1ml)…¥80,000 FDA認可
バランス(1本・1ml)…¥80,000 FDA認可

クレヴィエル(AESTRA社)
1本・1ml …¥80,000

リスク
感染症、皮膚壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.術後痛み
施術当日は注入による痛みが出現する可能性があります。

副作用に対する予防
注入直後に注入部を軽く圧迫することで内出血を予防することができます。注入後の痛みは個人差がありますが、痛みに弱い方には鎮痛剤と胃粘膜保護剤を処方します。

リスクに対する予防
感染症に対して:顎へのヒアルロン酸注入で感染症を起こす可能性は低いです。しかし、感染症が起きた際には抗生剤を処方します。場合によってはヒアルロン酸溶解注射を行うこともあります。

皮膚壊死に対して
顎へのヒアルロン酸注入で皮膚壊死が起きたとされる報告があります。注入の際に顎の横を通っているオトガイ動脈の血管内に誤注入すると発生する恐れがあります。解剖学的な知識と丁寧な注入手技が必要となります。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
小さいあごを気にされて来院されました。オトガイの高さはEラインまで5mmほど足りない状態でした。切開はしたくないというご希望でしたのでヒアルロン酸の注入を行いました。5mmの高さを作るには3cc(3本)ほどの注入が必要となります。あごが作られたことで出っ歯の印象が少なくなります。

レディエッセ注入

  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
レディエッセ注入

費用
レディエッセ注入
0.8ml…¥130,000
1.5ml…¥180,000

リスク
感染症、皮下出血、皮膚壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
レディエッセ注入は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
皮膚の浅い部分に注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

感染症に対して
レディエッセ注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。

皮下出血に対して
下まぶたは血管の多い部位なので針を何回も刺入すると血管から出血する可能性があります。当院ではカニューレ針という鈍針を使用して血管を傷つけないようにして注入しています。

皮膚壊死に対して
レディエッセの注入は骨上の深さに注入しますが、誤って筋層内の深さに注入すると筋層内を通る血管内に入ってしまう可能性もあります。血管内に多くのレディエッセを注入すると皮膚壊死を招く恐れもあります。顔面の正確な解剖を理解していることと丁寧な注入手技が必要となります。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
小顔治療の希望で来院されました。小顔の治療には何種類かありますが、この方の場合は20代なのに術前の写真を見ますと顎の部分に梅干しの様なシワがあります。このシワができる原因は顎が小さいため口を閉じるのにオトガイ筋を収縮させているためです。よって施術は顎を作る目的でレディエッセの注入を行いました。顎が出たことによって口は閉じやすくなるため梅干しの様なシワが無くなっています。また、フェイスラインがシャープになり小顔効果となっています。レディエッセは注入後に固まってくるため本症例のようにシャープな顎を作ることができます。

エラ・ボトックス注射

  • 施術前
  • 施術後(3週間後)
施術後(2カ月後)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
エラボトックス

術式
咬筋へのボツリヌストキシン注射

費用
ボツリヌストキシン注射
¥46,000~

リスク
タルミ、笑いにくくなる

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.術後痛み
手術当日は注入による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
咬筋は深い部位にある筋肉なので内出血をおこす可能性は少ないですが、細い針と丁寧な施術で内出血を予防しています。

タルミに対して
咬筋が細くなると小顔効果がありますが、皮膚の量は変わらないのでタルミとなる可能性はあります。20代では問題ありませんが、30代になるとタルミを生じることがあるので、カウンセリングの際にお伝えし、必要であれば糸リフトをお勧めする場合もあります。

笑いにくくなるリスクについて
ボツリヌストキシン注射を咬筋のみに注射していれば問題ありませんが、咬筋の一部には笑筋という笑う時に必要な筋肉が付いています。ボツリヌストキシン注射を誤って笑筋に注射すると笑いにくくなります。詳細な顔面解剖を理解した上で丁寧な施術を心がけています。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
モニターさんは20代です。小顔の治療と左右差を治したい目的で来院されました。
左右差の原因は下顎骨の大きさの違いと咬筋の太さの違いでした。左右差に対して左側に35単位、右側に50単位と注入量を変えて注射しています。
3週間後でもすでに小顔効果が出ており、左右差も改善しております。2カ月後(アフター写)ではさらに効果が見られており、友人からは「痩せた?」と言われるそうです。


症例写真カテゴリーPhoto Category
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP