高濃度自己脂肪注入術ピュアグラフトについて

高濃度自己脂肪注入術 ピュアグラフト</span>

高濃度自己脂肪注入術(ピュアグラフト)

高濃度・高純度の脂肪を注入する、しこりの少ない話題の豊胸手術。

高濃度自己脂肪注入術 ピュアグラフトとは

高純度・高濃度の脂肪を注入する豊胸手術

高純度・高濃度の脂肪を注入する豊胸手術

ピュアグラフト豊胸手術とは、ご自分の脂肪を不純物を取り除いた後、良質な脂肪細胞をバストに注入する豊胸術です。バストアップだけでなく、脂肪を採取した部位の部分痩せも可能です。

ご自分の脂肪をバストに注入するため、不自然な硬さがなく自然な柔らかさな仕上がりになり、しかもレントゲンに映ることもありません。また、施術後に乳がん検診(超音波(エコー)検査やマンモグラフィー検査)もお受けいただけます。

不純物を除いて高純度・高濃度の脂肪に

不純物を除いて高純度・高濃度の脂肪に

ピュアグラフト豊胸手術では、吸引した脂肪を特殊な2枚のフィルターに通すことで、死活細胞や血液などの不純物を除き、高純度・高濃度の脂肪細胞を注入し、バストアップすることが可能です。

純度の高いご自身の脂肪を使うため生着率も高く、注入後にしこりや石灰化する可能性も低減します。

感触や見た目もなめらかな上に、気になる部位の脂肪吸引も同時に行うことができるため、メリハリのある体型を希望されている方にも人気です。

脂肪の高い生着率によってサイズダウンが少ない

脂肪の高い生着率によってサイズダウンが少ない

従来の脂肪注入による豊胸手術は、吸引した脂肪をそのまま、もしくは遠心分離にかけることで注入していました。

遠心分離の場合は水分と油分しか分離することができず、死活細胞や血液といった不純物は除くことができず、結果として、生着率を下げたり、しこりの原因となることもありました。

その点、ピュアグラフト豊胸手術は、特殊なフィルターにかけるため純度の高い脂肪を抽出することが可能となっています。

専用の注入器セルブラッシュによる注入

専用の注入器セルブラッシュによる注入

ピュアグラフト豊胸手術では、しこりができないように細かく多方面から脂肪注入を行います。
当院では、脂肪注入専用の注入器セルブラッシュを使用して経験豊富な医師が丁寧に脂肪を注入しています。

乳輪や乳房脇から放射状に少しずつ脂肪を注入する技術は非常に繊細で時間もかかりますが、これによってより柔らかく、しこりのない自然なバストに仕上げることができます。

高濃度脂肪注入術

New!
バスト正面
  • 施術前
  • 施術後
バスト斜め
  • 施術前
  • 施術後
脂肪吸引腹部・腰部(前)
  • 施術前
  • 施術後
脂肪吸引腹部・腰部(後ろ)
  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
豊胸術

術式
高濃度脂肪注入術

術式詳細
大腿部からの脂肪吸引と胸部への脂肪注入

費用
高濃度脂肪注入術
¥715,000

リスク
感染症、大腿部の傷跡、しこり、大腿部の変形

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。大腿部の内出血は3週間程度で消失します。
2.術後の痛み
注入後は軽度の痛みが出現する場合があります。胸部の痛みは1週間程度で痛みは消失します。大腿部の脂肪吸引部は1か月程度の痛みがあります。

リスクと副作用に対する予防
注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

注入時の痛みに対して
注入前に胸部に対して局所麻酔を行いますので注入時の痛みはほとんどありません。しかし、局所麻酔自体に痛みがあるので、痛みが心配な場合は静脈麻酔を併用します。また、大塚院では全身麻酔を選ぶこともできます。

感染症に対して
高濃度脂肪注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。症状が重たい場合には胸部の洗浄処置が必要になります。

大腿部の傷跡に対して
胸に対しては注入のみなので傷はできませんが、脂肪吸引を行う大腿部は3mmほどの切開が必要になります。傷跡は通常6か月程度赤くなりますが、個人差もあります。

しこり形成に対して
注入した脂肪が壊死するとしこりとなります。注入の際には壊死を起こさないように専用の注入器(セルブラッシュ)を使用して丁寧な注入を行います。また脂肪の生着率を良くする目的でピュアグラフトを用いて高濃度脂肪を注入しています。

大腿部の変形
大腿部に十分な脂肪がある場合は問題ありませんが、十分な脂肪が無い場合には無理に脂肪吸引を行うことで大腿部が凹凸などの変形を起こす可能性があるので、お勧めしないこともあります。

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
40代のモニターさんです。6年前にヒアルロン酸注入にて豊胸手術を受けられています。ヒアルロン酸の持続期間は、長くても2年ほどなので、ご来院されたときは、すでにもとの状態に戻っていました。若々しくハリのあるバストを得ること、さらに下腹部や腰部の部分痩せをご希望でしたので高濃度脂肪注入術をお勧めいたしました。
術前の下腹部と腰部の写真では、下着の上に脂肪が乗っているのがわかります。この部分は、ダイエットや筋トレではなかなか痩せづらい箇所です。腰部、腹部、大腿部より1700mlの脂肪を吸引し、すぐに特殊なフィルターを使ってろ過し、純度の高い脂肪を抽出後、左右のバストに約200mlずつ注入しました。
術後2ヶ月後には、下腹部、腰部ともに下着の上に乗っていた脂肪がなくなりすっきりとしています。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
自分の脂肪を使うため安全で触った感じも自然に胸を大きくできます。

脂肪注入による豊胸手術の特徴はナチュラル感です。ご自身の脂肪を使うため解剖学的にも自然ですし、触った触感も全く自然です。

脂肪を注入して胸を大きくする方法は以前からある方法ですが、以前との違いは、特殊なフィルターを通して脂肪を採取することと、注入する注射器が新しくなったことです。特殊なフィルターを通すことによって血液成分や麻酔液などの不純物が除去されます。

他にも遠心分離機を使って不純物を除去する方法もありますが、フィルターを使用した方が脂肪細胞を破壊せずに扱うことができます。さらに新しい注射器を使用することにより注入量を正確にコントロールできるようになりました。一回の操作で0.5mlの脂肪を注入することができます。

脂肪を極少量ずつ全体的に均一に注入することにより生着率が上がります。ただし一回の施術で注入できる量には限界があるため、より大きなバストを希望される場合には2回に分けた施術が必要となります。

施術のポイント

大塚美容のピュアグラフト豊胸のポイント

サイズやデザインへのこだわり サイズやデザインへのこだわり

当院では、手術はもちろんですが術前のカウンセリングも丁寧に行っております。ただ胸を大きくするのではなく、一人ひとりのご要望に対して医師がオーダーメイドで提案を行い、納得していただいた上で手術を行っています。さらに手術直前には切開場所や注入場所、デザイン等を細かく決めることで、より理想に近いバストへと仕上げます。

全身麻酔と術後の万全な管理体制 全身麻酔と術後の万全な管理体制

全身麻酔は麻酔科専門医による徹底した管理と、入院設備までを含めた術後管理ができるクリニックでなければ行うことはできません。当院では全身麻酔によって手術への不安や痛みを最大限に軽減しています。また熟練の医師とベテランの看護師、スタッフによって手術を行うため術後のケアやアフターフォローも万全です。

脂肪注入の手法に定評あり 脂肪注入の手法に定評あり

当院では長年の研究と症例件数を基に、しこりを残さずより生着率を高める手法で豊胸のための脂肪注入を行っています。

約40年間の美容形成外科の経験に基づく施術 約40年間の美容形成外科の経験に基づく施術

ピュアグラフト豊胸手術は、一人ひとりの体型や脂肪吸引場所等によって術法も細かく変更しています。豊胸手術、脂肪吸引術共に解剖学の知識や形成外科的な高い技術力が求められるため、経験が豊富な医師による施術をお勧めします。

当院では、全身麻酔による手術を行っております

大塚美容形成外科の全身麻酔手術

全身麻酔は、麻酔科専門医による徹底した管理と、入院設備までを含めた術後管理ができるクリニックでなければ行うことはできません。全身麻酔によって眠っている間に痛みを感じることなく手術を終えることができます。

なお、クリニックによっては全身麻酔ではなく硬膜外麻酔という背骨に麻酔を注射する方法を行うところもあります。この方法は麻酔科専門医ではなく外科医が自ら麻酔を行うため、医師の経験が少ないと麻酔の効きが弱く痛みを感じたり、逆に効きすぎて呼吸が止まってしまうリスクもあります。さらに硬膜外麻酔の場合、意識はしっかりとあるため、手術の様子を認識することができ怖がられる方も多いようです。

また全身麻酔を行うクリニックでも、麻酔科専門医がおらず外科医が自ら麻酔を行うこともあります。麻酔を管理しながらの手術になるため、リスクは高まるでしょう。

当院では出来る限り安全な環境で痛みを軽減して手術を行えるように、麻酔科専門医による全身麻酔で手術を行っています。

高濃度自己脂肪注入術 ピュアグラフトのプロセス

高濃度自己脂肪注入豊胸 ピュアグラフトによる脂肪注入部位

高濃度自己脂肪注入豊胸 ピュアグラフト脂肪注入部位

しこりを作らない繊細な注入技術

脂肪注入の際に、特定の個所から一方向に大量に注入をするとしこり(石灰化)になるリスクが大きくなります。そのため当院では、乳輪や乳房脇から放射状に、円を描くように少しずつ脂肪を注入しています。
一方向からの注入に比較すると手術時間が長くなってしまいますが、その分しこりができる可能性が大変低くなり、さらに生着率も高まり希望のサイズを維持することができます。

高濃度自己脂肪注入術 ピュアグラフトの手順

  • 脂肪吸引時

  • ピュアグラフトをセット

  • 吸引した脂肪をピュアグラフトに注入

  • 吸引した全ての脂肪をピュアグラフトに注入し、余分な血液や麻酔液を排出

  • 乳酸リンゲル液で洗浄

  • 注入した乳酸リンゲル液を脂肪とよく混ぜ合わせ、不純物を排除

  • 残った良質な脂肪細胞組織のみをシリンジへ移す

  • 専用の注入器セルブラッシュによって注入

※脂肪採取後と処理後

脂肪採取後と処理後

こんな悩みの方に

  • Case 1
    メスを使用した豊胸術に抵抗がある
  • Case 2
    バレずにナチュラルにバストアップしたい
  • Case 3
    傷跡が目立たない豊胸術を希望している

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
豊胸術

術式
高濃度脂肪注入術

術式詳細
大腿部からの脂肪吸引と胸部への脂肪注入

費用
高濃度脂肪注入術
¥715,000

リスク
感染症、大腿部の傷跡、しこり、大腿部の変形

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。大腿部の内出血は3週間程度で消失します。
2.術後の痛み
注入後は軽度の痛みが出現する場合があります。胸部の痛みは1週間程度で痛みは消失します。大腿部の脂肪吸引部は1か月程度の痛みがあります。

リスクと副作用に対する予防
注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

注入時の痛みに対して
注入前に胸部に対して局所麻酔を行いますので注入時の痛みはほとんどありません。しかし、局所麻酔自体に痛みがあるので、痛みが心配な場合は静脈麻酔を併用します。また、大塚院では全身麻酔を選ぶこともできます。

感染症に対して
高濃度脂肪注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。症状が重たい場合には胸部の洗浄処置が必要になります。

大腿部の傷跡に対して
胸に対しては注入のみなので傷はできませんが、脂肪吸引を行う大腿部は3mmほどの切開が必要になります。傷跡は通常6か月程度赤くなりますが、個人差もあります。

しこり形成に対して
注入した脂肪が壊死するとしこりとなります。注入の際には壊死を起こさないように専用の注入器(セルブラッシュ)を使用して丁寧な注入を行います。また脂肪の生着率を良くする目的でピュアグラフトを用いて高濃度脂肪を注入しています。

大腿部の変形
大腿部に十分な脂肪がある場合は問題ありませんが、十分な脂肪が無い場合には無理に脂肪吸引を行うことで大腿部が凹凸などの変形を起こす可能性があるので、お勧めしないこともあります。

施術時間 約2~3時間
ダウンタイム 1週間
腫れ・傷跡 針穴の赤み
施術の痛み 胸部は当日痛みあり、脂肪吸引部位は1週間ほど筋肉痛程度の痛みあり
入院・通院 消毒のため翌日と抜糸のため1週間後来院
麻酔 全身麻酔または静脈麻酔
持続性 半永久的
シャワー・入浴 シャワーは翌日から、入浴は2日後から。

施術料金

施術名 定価(税抜)
高濃度自己脂肪注入術 ピュアグラフト ¥715,000
(※脂肪吸引費用、麻酔費用込み)

よくあるご質問

何サイズぐらいバストアップ可能ですか?
自己脂肪注入によるバストアップの場合、片方最大200~250cc程度の注入が可能で、最大約2カップ程度のバストアップが可能です(バストアップサイズには個人差があります)。
施術後の注意点を教えて下さい。
まず、施術後3日程度は飲酒は控えて頂きます。また、施術後1週間後に抜糸をした後、脂肪を吸引した部分のマッサージを行って頂きます。施術後1ヶ月程度は、締め付けのないブラジャーを着用して頂きます。ノンワイヤーのブラジャーをお勧めします。

関連コンテンツ

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
クリニック一覧 TOP