ボトックス痩身法

ボトックス痩身法

ボトックス(ボツリヌストキシン)注射で、手軽に顔やせ・脚やせ!

ボトックス痩身法とは

筋肉太りも注射一本で解消

ボトックス痩身法とは

脂肪吸引では細くすることができない、筋肉の発達で太くなった脚や大きな顔に効果的なのが、ボトックス注射による痩身医療です。

ボトックスとはボツリヌス菌から生まれたタンパク質の一種で、筋肉を弛緩させる働きがあり、欧米ではこの特性を利用して、表情ジワの治療剤として広く普及し、その後、小顔治療・脚やせ治療としても人気になりました。

ボトックス痩身法の施術プロセス

ナチュラルに理想の美しさへ

ナチュラルに理想の美しさへ

施術はメスを使わず注射をするだけなので、5分ほどで終了。徐々に筋肉の働きを弱め、筋肉のボリュームを減らしていくので、自然な印象で細くなります。

小顔治療であれば、特にエラが張った大きい顔に見える方に効果的です。頬からアゴにかけて発達しすぎた咬筋(こうきん)に注射をし、1ヶ月ほどでシャープなフェイスラインに。

脚やせ治療なら、スポーツなどで筋肉が発達して太くなった太もも・ふくらはぎを女性らしい細い脚へ導きます。施術後は痛みも殆どなく、普段通りの生活ができます。

部分痩せ注射の違い

当院での注入による小顔注射の施術のそれぞれの違いです。注入したい部位によって向き・不向きがありますので、まずはお気軽にお電話にてご質問いただくか、無料カウンセリングにお越し下さい。

ボトックス注入法 脂肪分解注射(BNLS neo) 脂肪溶解注射(メソセラピー)
痛み 少しあり 殆ど無し 少しあり
ダウンタイム 腫れ殆ど無し 腫れ殆ど無し 腫れ少しあり
効果 約6ヶ月 半永久 半永久
主成分 ボツリヌストキシン ヒバマタ・チロシン等の植物由来成分 フォスファチジルコリン(リン脂質)
推奨施術回数 3回 3回 3回~6回

ボトックス痩身法

Pick up症例
通常状態
  • 施術前
  • 施術後(3週間後)
ボトックス痩身法施術後(6カ月後)

つま先立ち
  • 施術前
  • 施術後(3週間後)
ボトックス痩身法施術後(6カ月後)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ボツリヌストキシン注射

術式
筋層内へのボツリヌストキシン注射

術式詳細
ふくらはぎを細くする注射

費用
ボツリヌストキシン注射
下腿…¥46,000~

リスク
効果が弱い、歩きにくく感じる

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
ボツリヌストキシン注射は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
針を刺して注入しますので内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

効果が弱いリスクについて
筋肉量に対してボツリヌストキシンの量が少なければ有効な効果が得られません。また、効果が弱い場合には2週間後に追加投与できます。

歩きにくく感じるリスクについて
ふくらはぎには内側のヒラメ筋と外側ヒラメ筋があります。内側と外側を同時にボツリヌストキシン治療を受けると歩きにくく感じることもあります。最初の治療は内側から受けることをお勧めしています。また、もしも歩きにくく感じる場合はヒールのある靴をはくと症状が軽減することが多いです。

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代のモニターさんです。ふくらはぎの太さに加え、左右の筋量の違いも気にされていました。つま先立ちをすると筋肉が大きく出ていることがわかります。
1回目の施術では左右同量を注入しました。右ふくらはぎのせり出しが落ち着いたのが見受けられます。効果をみたところ筋量の違いによる左右差が大きくでてしまったので、左のみ再度ボトックスを注入しています。
2ヶ月後には後ろにせり出していた筋肉が小さくなり、ムキムキした感じがなくなりました。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
医師の判断のもとに治療を行います

当院で使用しているボトックスは、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されている成分を使用しており、アレルギーや副作用は殆ど確認されておりません。注射をする箇所や注入量はお一人お一人の状態に合わせて、医師が判断して行います。

施術のポイント

ボトックス痩身法のポイント

その日のうちに帰宅できます ボトックス痩身法のポイント

治療は5分程度で終了しますので、その日のうちに帰宅できます。しかも術後のダメージは殆どありませんので、その日からすぐに普段通りの生活や仕事ができます。

一人ひとりの状態を確認しつつ注入します 一人ひとりの状態を確認しつつ注入します

ボトックスを筋肉に注射します。注射をする箇所や注入量は、患者様お一人お一人の状態に合わせて医師が判断して施術を行います。「気になる筋肉を落としてほっそりとした足にしたい」というご要望だけでなく「右足と左足の太さが違う」といった左右差にも対応いたします。

FDA・厚生労働省認可の「ボトックスビスタ」を使用 FDA・厚生労働省認可の「ボトックスビスタ」を使用

当院で使用しているボトックスは、FDA(アメリカ食品医薬品局)だけでなく、日本の厚生労働省でも認可されている、米アラガン社の「ボトックスビスタ」を使用しております。

ボトックスビスタはすでに日本でも多数の症例があり、また徹底した品質管理下で輸入されているため有効性・安全性も確認できており、アレルギーや副作用は殆ど確認されておりません。

ボトックス痩身法のプロセス

  • ボトックス痩身法の施術プロセス その1 カウンセリングで患者様のご要望を伺います。
    カウンセリングは無料ですので、まずはお電話かネットでお申し込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • ボトックス痩身法の施術プロセス その2 施術部分に麻酔をします。麻酔は麻酔クリーム・局所麻酔・静脈麻酔から選択できます。
  • ボトックス痩身法の施術プロセス その3 施術部分にボトックスを注射します。施術時間は5分程度です。
  • ボトックス痩身法の施術プロセス その4 余分な筋肉を弛緩させ、ほっそりとした足に導きます。効果は平均で約6ヶ月持続します(効果には個人差が有ります)。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    筋肉太りを解消したい
  • Case 2
    徐々に自然に細い足を目指したい
  • Case 3
    メスを使った施術は避けたい

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ボツリヌストキシン注射

術式
筋層内へのボツリヌストキシン注射

術式詳細
ふくらはぎを細くする注射

費用
ボツリヌストキシン注射
下腿…¥46,000~

リスク
効果が弱い、歩きにくく感じる

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
ボツリヌストキシン注射は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
針を刺して注入しますので内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

効果が弱いリスクについて
筋肉量に対してボツリヌストキシンの量が少なければ有効な効果が得られません。また、効果が弱い場合には2週間後に追加投与できます。

歩きにくく感じるリスクについて
ふくらはぎには内側のヒラメ筋と外側ヒラメ筋があります。内側と外側を同時にボツリヌストキシン治療を受けると歩きにくく感じることもあります。最初の治療は内側から受けることをお勧めしています。また、もしも歩きにくく感じる場合はヒールのある靴をはくと症状が軽減することが多いです。

施術時間 約5分 ダウンタイム なし 術後の腫れ 特になし(軽い腫れは数日~1週間程度) 施術の痛み 麻酔をするので痛みはほとんどありません 入院・通院 抜糸の必要がないので手術当日で終了。術後、通院の必要はありません。 麻酔 麻酔クリーム・局所麻酔・静脈麻酔から選択できます。 持続性 約6ヶ月(個人差があります) シャワー・入浴 当日から可能です。

施術料金

施術名 場所 定価(税抜)
ボトックス痩身法 下腿 ¥46,000~

よくあるご質問

入院は必要ですか?
「ボトックス痩身法」は、その日のうちに帰れますので入院の必要はありません。
アフターケアは必要ですか?
特に必要ありません。その日からすぐに普段通りの生活や仕事ができます。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP