まつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

まつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタによる二重整形

まつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

細くて短いまつ毛を、国内唯一の承認育毛治療薬で長く濃く、太いまつ毛に。

まつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタとは

唯一の国内承認まつ毛育毛治療薬です

まつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタとは

グラッシュビスタは、米国FDAの承認により、2009年からまつ毛貧毛症治療に使用されるようになり、2013年10月には世界23カ国もの国々で承認され、広く治療に用いられている薬剤です。

日本国内では厚生労働省により承認後、2014年9月より使用可能となり、2014年10月の時点で国内唯一のまつ毛貧毛症治療薬として製造・販売の承認を受けた製品となっています。

グラッシュビスタの効果とは

大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

グラッシュビスタは上まつ毛の長さ・太さ・濃さを改善する外用薬です。

おもに睫毛貧毛症と呼ばれる、まつ毛が細く短く薄い、いわゆる「まつ毛が不十分で物足りない患者様」に処方されます。

まつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタの施術プロセス

グラッシュビスタ

  • 施術前
  • 施術後(4ヶ月後)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
睫毛貧毛症治療

術式
グラッシュビスタ

費用
70日分・5ml …¥15,000

リスク
光彩色素過剰、眼瞼溝深化

副作用
まぶたの痒み、まぶたがしみる、目の痒み、目の痛み、目の周りの多毛

リスクと副作用に対する予防
使用する薬液の量を守っていただくこと大切です。それでも症状の軽快がない場合は薬液の使用を控えてください。

光彩色素過剰と眼瞼溝深化について
これらの症状は日本人を対象とした臨床試験では報告されていません。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
頻回のまつげエクステでまつげが少なくなり来院されました。グラッシュビスタとはビマトプロストという薬剤で、毛の毛周期を延長する作用があります。治療を開始すると1か月ほどで睫毛が太くなり、2か月ほどで睫毛が増量するのが分かります。3か月くらいすると睫毛が長くなるのが分かり、4か月使用すると最大の長さとなります。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
治験の段階から参加しています。

当院はまつ毛の貧毛症治療薬を治験の段階から参加させて頂いています。2009年に日本美容睫毛研究会という研究会から始まり、効果が表れるまでの期間や、実際の効果内容、副作用、治療に対する満足度の統計を集め、医師に対する説明会なども行いました。

治験の段階から取り扱いを始めているので長期的な結果の説明や、万が一副作用が出現した際の対処方法など詳しくお伝えすることができます。

また、まつ毛と二重まぶたには深い関係があります。二重まぶたの症例が豊富なことも当院の特徴ですので、同時に両方のカウンセリングも受けられます。

施術のポイント

グラッシュビスタを使用する際の注意点

塗布回数は1日1回です 大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

仮に塗り忘れがあった場合でも、グラッシュビスタは1日1回を超えて塗布してはいけません。

清潔な状態で塗布し、ブラシは廃棄します 大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

メイクを落とし、洗顔をした後の清潔な状態の目もとに使用します。また、片目ずつ使用したブラシは廃棄します。1度使用したブラシを繰り返し使用することは禁止されています。

コンタクトレンズは外します 大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

コンタクトレンズをつけている場合には、レンズを外してから塗布し、15分以上経過してからレンズを付け直します。

決まった場所以外に塗布しないようにします 大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

グラッシュビスタを塗布できる場所は上まつ毛の生え際のみです。下まぶたに塗布したり、直接目に点眼しないようにします。

グラッシュビスタ使用中に気をつけること 大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

使用することによりメラニンが増加し、黒目(虹彩)の色が濃くなる場合があります。また、まぶたに液がついた場合、メラニンの増加によりまぶたが黒ずむ場合があります。

以下の症状をお持ちの方は、使用前に必ず医師の診察を受けて下さい 大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

現在、他の薬を使用している方、今後使用する予定がある方
目の疾患がある方、目の手術予定がある方
15歳未満の方
高齢の方
男性全般

下記の方はグラッシュビスタを使用できません 大塚美容のまつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ

過去にグラッシュビスタの薬剤でアレルギー反応が出たことがある方
水晶体の無い方、または眼内レンズを挿入している方
妊娠中の方、妊娠の可能性がある方、授乳中の方

グラッシュビスタの使用プロセス

  • グラッシュビスタの施術プロセス その1 グラッシュビスタは医師の処方を必要とする「医療用医薬品」です。まずはカウンセリング予約または来院予約をお申込み下さい。 ネット予約 電話で予約
  • グラッシュビスタの施術プロセス その1 グラッシュビスタ塗布前にメイクは落とし、肌を清潔な状態にします。コンタクトレンズは外します。また、メイク等の目の周りの油分・脂分を綺麗に落とします。
    コンタクトレンズの再装着は、グラッシュビスタ塗布後15分以上経過してから行います。
  • グラッシュビスタの施術プロセス その2 グラッシュビスタは上まつ毛の生え際に塗布する外用薬です。
    通常は1日に1回夜にグラッシュビスタ1滴を専用のブラシに滴下した後、上まつ毛の生え際に塗布します。
    塗布の際にはコンタクトレンズは外し、裸眼の状態で塗布します。
  • グラッシュビスタの施術プロセス その3 ブラシにグラッシュビスタを滴下したらすぐに、上まつ毛の生え際部分の目頭から目尻にかけて、ゆっくりと丁寧に塗ります。この際、下まつ毛生え際には塗布しないようにします。 グラッシュビスタが上まつ毛生え際部分以外についてしまったら、ティッシュやコットンですぐに拭き取って下さい。下まつ毛には使用しないで下さい。
  • グラッシュビスタの施術プロセス その4 使用後のアプリケーターは衛生面の理由から使いまわさないでください。片目で1本使用して、その都度捨てて下さい。
  • グラッシュビスタの施術プロセス その5 約1ヶ月後から徐々に効果を感じ始めます(個人差があります)。効果を持続させるためには、1日1回の継続使用がお勧めです。毎日の使用を習慣化することをお勧めします。

グラッシュビスタの使い方動画

動画で簡単にわかる、グラッシュビスタの使用方法。お使いになる前に是非一度、ご覧下さい。

グラッシュビスタの施術プロセス動画
目もと・二重埋没法 症例ブログ
二重埋没法 モニター募集

こんな悩みの方に

  • Case 1
    まつ毛が全体的に不足している感じがする
  • Case 2
    まつ毛が短いと感じる
  • Case 3
    まつ毛が細いと感じる
  • Case 4
    まつ毛が薄いと感じる

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
睫毛貧毛症治療

術式
グラッシュビスタ

費用
70日分・5ml …¥15,000

リスク
光彩色素過剰、眼瞼溝深化

副作用
まぶたの痒み、まぶたがしみる、目の痒み、目の痛み、目の周りの多毛

リスクと副作用に対する予防
使用する薬液の量を守っていただくこと大切です。それでも症状の軽快がない場合は薬液の使用を控えてください。

光彩色素過剰と眼瞼溝深化について
これらの症状は日本人を対象とした臨床試験では報告されていません。

術後の腫れ なし
施術の痛み なし
入院・通院 入院・通院の必要はありません。
麻酔 なし
持続性 効果を持続させるためには、1日1回の継続使用がお勧めです。
洗顔 メイクを落とし、洗顔後の塗布をお勧めします。
シャワー・入浴 シャワー・入浴後の塗布をお勧めします。
メイク アイメイクは塗布15分後から可能です。
コンタクトレンズ 塗布前・塗布中はコンタクトレンズを外して下さい。コンタクトレンズは塗布15分後から装着できます。

施術料金

施術名 容量 定価(税抜)
まつ毛育毛治療薬 グラッシュビスタ 70日分(5ml) ¥15,000

よくあるご質問

1日に何度も使用していいでしょうか?
頻繁に塗布しても早く効果が出るわけではないので、1日1回を超えて塗布しないようにしましょう。
使用し忘れたらどうすればいいですか?
片目ごとに1回に2滴塗布したり、1日に2回塗布したりしてはいけません。必ず使用サイクルを守ってご使用下さい。

関連コンテンツ

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
クリニック一覧 TOP