まつ毛の向きの悩みやご相談

まつ毛の向きの悩みやご相談

まつ毛の向き

目を傷つけてしまうリスクのある逆さまつ毛を修正します
まつ毛の向きまつ毛の向き

逆さまつ毛は本来ならば外側に向かって生えているまつ毛が内側に向かうことにより、目の内側や眼球に当たってしまうことを指します。正式な病名は「睫毛内反(しょうもうないはん)」「眼瞼内反(がんけんないはん)」「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と言い、逆さまつ毛の状態によって呼び方が変わります。

逆さまつ毛の症状は、白目部分が赤く炎症を起こす・まばたきの回数が増える・痛みや異物感を感じる・涙や目やにが出る、といったもので、しかも放置しておくと角膜に傷がついたり、結膜炎の原因となってしまいます。

逆さまつ毛には幾つかの原因がありますので、まずはその原因を正しく診断することが大切です。大塚美容形成外科では、患者様の逆さまつ毛をただ治療するだけでなく、見た目の美しさにこだわった治療法をご提案しています。

施術方法について

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
患者様の逆さまつ毛の症状に合った施術法をご提案します

上まぶたの逆さまつ毛では、まつ毛の向きを上向きにする手術を行いますが、同時に二重になります。よって通常の二重の治療がベースとなり、まつ毛の向きについても効果が得られる方法を提案していきます。

症状が軽度であれば埋没法でも改善します。症状が重度の場合では眼科医と相談しながら治療を進めていくケースもあります。 下まぶたでは切開する方法を行います。下まぶたの埋没法は凹みを生じ不自然になる可能性があるため当院では行っていません。下まぶたの切開線はきれいに治りやすい部位なため切開する方法で行います。下まぶたのまつ毛が下向きになることで、マスカラを使用できるようになります。

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP