フラクショナルレーザー 症例写真

フラクショナルレーザー 症例写真

ニキビ跡や毛穴の開き解消に効果的な「フラクショナルレーザー」の症例写真を紹介しています。
肌・美容皮膚科 症例写真Skin Photo Menu

フラクショナルレーザーによる肌の若返りの治療

  • フラクショナルレーザー 施術前施術前
  • フラクショナルレーザー 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
エルビウムヤグレーザー治療

術式
エルビウムヤグレーザーを用いたフラクショナル照射

費用
フラクショナルレーザー
初回…¥20,000
2回目以降…¥15,000

両頬
初回…¥30,000
2回目以降…¥20,000

リスク
感染症、炎症性色素沈着

副作用
1.照射部位の赤み
レーザーを照射した部位は赤くなります。レーザーの照射は 患者様のダウンタイムに合わせて調節することが可能です。赤みが出る期間は2日から7日ほどです。
2.照射部位の腫れ
大きな腫れはありませんが、小さな腫れは1日から2日程度あります。
3.術後痛み
照射した当日は軽度の痛みがあります。鎮痛薬を使用する程度ではありませんが、痛みに不安がある方には鎮痛薬を処方致します。

リスクと副作用に対する予防
レーザー治療後に感染を起こすことは稀ですので、抗生剤を処方することはありませんが、必要に応じて抗生剤含有の軟こうを処方致します。

炎症性色素沈着に対して
レーザー照射後は炎症の程度と肌質によっては炎症性色素沈着を起こす可能性があります。炎症性色素沈着を防ぐため、レーザー治療の後は紫外線予防が必要となります。当院では照射部位に直接使用できるUVクリームを準備しています。また、必要に応じて軟こう治療を併用することもあります。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
この方はもともとニキビ跡がありましたが、加齢と共に陥凹が強くなってきたので治療を希望されました。加齢と共に陥凹が強くなる原因は顔のボリューム減少による皮膚のタルミです。皮膚にハリがある時は陥凹も目立ちませんが、ハリが無くなると目立ってきます。全体で7回の治療を行いました。エルビウムヤグレーザーによる皮膚の収縮効果で陥凹が改善されています。

フラクショナルレーザーによる肌の若返りの治療

  • フラクショナルレーザー 施術前施術前
  • フラクショナルレーザー 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
エルビウムヤグレーザー治療

術式
エルビウムヤグレーザーを用いたフラクショナル照射

費用
フラクショナルレーザー
初回…¥20,000
2回目以降…¥15,000

両頬
初回…¥30,000
2回目以降…¥20,000

リスク
感染症、炎症性色素沈着

副作用
1.照射部位の赤み
レーザーを照射した部位は赤くなります。レーザーの照射は 患者様のダウンタイムに合わせて調節することが可能です。赤みが出る期間は2日から7日ほどです。
2.照射部位の腫れ
大きな腫れはありませんが、小さな腫れは1日から2日程度あります。
3.術後痛み
照射した当日は軽度の痛みがあります。鎮痛薬を使用する程度ではありませんが、痛みに不安がある方には鎮痛薬を処方致します。

リスクと副作用に対する予防
レーザー治療後に感染を起こすことは稀ですので、抗生剤を処方することはありませんが、必要に応じて抗生剤含有の軟こうを処方致します。

炎症性色素沈着に対して
レーザー照射後は炎症の程度と肌質によっては炎症性色素沈着を起こす可能性があります。炎症性色素沈着を防ぐため、レーザー治療の後は紫外線予防が必要となります。当院では照射部位に直接使用できるUVクリームを準備しています。また、必要に応じて軟こう治療を併用することもあります。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
肌全体の若返り希望でした。本症例ではエルビウムヤグレーザーを顔全体に照射しています。全6回の治療を行いました。顔全体に照射するとエルビウムヤグレーザーによる皮膚収縮効果により引き締まったようになります。

フラクショナルレーザー、CO2レーザー

  • フラクショナルレーザー 施術前施術前
  • フラクショナルレーザー 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
エルビウムヤグレーザー治療

術式
エルビウムヤグレーザーを用いたフラクショナル照射

費用
フラクショナルレーザー
初回…¥20,000
2回目以降…¥15,000

両頬
初回…¥30,000
2回目以降…¥20,000

リスク
感染症、炎症性色素沈着

副作用
1.照射部位の赤み
レーザーを照射した部位は赤くなります。レーザーの照射は 患者様のダウンタイムに合わせて調節することが可能です。赤みが出る期間は2日から7日ほどです。
2.照射部位の腫れ
大きな腫れはありませんが、小さな腫れは1日から2日程度あります。
3.術後痛み
照射した当日は軽度の痛みがあります。鎮痛薬を使用する程度ではありませんが、痛みに不安がある方には鎮痛薬を処方致します。

リスクと副作用に対する予防
レーザー治療後に感染を起こすことは稀ですので、抗生剤を処方することはありませんが、必要に応じて抗生剤含有の軟こうを処方致します。

炎症性色素沈着に対して
レーザー照射後は炎症の程度と肌質によっては炎症性色素沈着を起こす可能性があります。炎症性色素沈着を防ぐため、レーザー治療の後は紫外線予防が必要となります。当院では照射部位に直接使用できるUVクリームを準備しています。また、必要に応じて軟こう治療を併用することもあります。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
この方はもともと毛穴が目立っていたようですが、加齢と共に毛穴の陥凹が強くなってきたので治療を希望されました。加齢により毛穴が目立つ原因は皮膚の真皮層の減少です。コラーゲンの減少に伴い皮膚のハリが失われ毛穴が目立ってきます。全体で13回の治療を行いました。エルビウムヤグレーザーにより皮膚のコラーゲンが生産され陥凹が改善されています。鼻のほくろはCO2レーザー治療を行っています。


症例写真カテゴリーPhoto Category
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP