乳頭関連の施術 症例写真

乳頭関連の施術 症例写真

乳頭縮小、陥没乳首、乳頭の黒ずみなどの「乳頭関連の施術」の症例写真を紹介しています。
バスト・豊胸 症例写真Bust Photo Menu

乳頭関連の施術(乳頭縮小)

  • 施術前
  • 施術後

  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
乳頭縮小術

費用
乳頭縮小術(外径・高さ)
¥200,000~

リスク
感染症、乳汁分泌障害及び乳頭壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
手術後1週間程度の痛みがあります。
3.傷跡
本手術は切開を行いますので傷跡ができます。切開部は2か月程度の赤みがあります。

手術時の痛みに対して
手術は局所麻酔を行いますので手術時の痛みはほとんどありません。しかし、局所麻酔自体に痛みがあるので、痛みが心配な場合は静脈麻酔を併用します。

感染症に対して
術後の感染症に対して手術中は滅菌操作で行います。また、術後に抗生剤の内服を処方します。

乳汁分泌障害及び乳頭壊死のリスクに対して
乳頭縮小術では乳頭を全周性に切開して不要な組織を切除して乳頭を小さくします。組織を切除する際に血管と乳管を残して切除しますが、誤って乳管を損傷すると乳汁分泌障害をきたす危険性があります。また、血管の多くを損傷すると乳頭壊死をきたす危険性があります。

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代後半の女性です。水着を着た時などに乳頭の高さと大きさが気になるとのことで乳頭縮小術を行いました。当然若い方なので、将来出産時の授乳のことも考え乳管を温存させて、乳首の高さをなくすために乳首下方部の切除を行い、次に乳頭を小さくするために左右差を調整しつつ残った組織の切除を行いました。

症例写真カテゴリーPhoto Category
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP