医師・スタッフ紹介

歯科医・歯科口腔外科医紹介

大塚美容形成外科に在籍している歯科医・歯科口腔外科医のご紹介です。

歯科医・歯科口腔外科医紹介

歯科院長大塚院

望月 正史Seishi Mochizuki

歯科院長 望月 正史
略歴
昭和50年 神奈川歯科大学 卒業
昭和51年 国鉄甲府診療所 勤務
昭和57年 望月歯科医院開設
昭和60年 大塚美容形成外科・歯科 入局
平成08年 大塚美容形成外科・歯科院長就任

美容歯科歴 42年

コメント
歯や口元が変われば、想像以上に顔立ちや第一印象が変わります。
気になるところがあれば、どんなささいなことでもご相談ください。美容歯科ができることの全てを、皆様の美と幸福のために惜しむことなく注ぎたいと考えております。
Q&A
Q1 美容歯科医を志したきっかけは?
歯科治療に取り組みながら、口元の美しさは、顔全体の美しさを決める重要ポイントのひとつだと感じていました。その思いを形にするため、美容外科のドクターたちと力を合わせて仕事をしたいと思ったのがきっかけです。
Q2 患者様と接する上で心がけることは?
カウンセリングではじっくりと話を聞き、患者様が納得できるまでしっかりと説明するようにしています。
Q3 美容歯科医になって良かった瞬間とは?
患者様一人一人のご要望に応える治療ができ、輝くような笑顔でお帰りになる様子を見るときです。

歯科副院長大塚院

藤巻 理也Michiya Fujimaki

歯科副院長 藤巻 理也
略歴
平成03年 日本大学松戸歯学部 卒業
平成03年 日本大学松戸歯学部 歯周病学教室 入局
平成08年 大塚美容形成外科・歯科 入局
平成13年 大塚美容形成外科・歯科副院長就任

美容歯科歴 27年

所属学会・団体
日本口腔インプラント学会会員
ITI(International Team for Implantorogy)メンバー
EAO(European Association for Osseointegration)メンバー
コメント
見た目の美しさと、美味しく食事ができ、笑えること、つまり、審美性と機能性のバランスを大切に、トータルで歯科治療を行っています。
失われた機能を回復した患者様が、治療をしたことを忘れてしまうような、そんな治療を、一人でも多くの患者様に提供したいと思っています。
Q&A
Q1 美容歯科医を志したきっかけは?
私が卒業した頃、大学病院や一般歯科は、機能性を追求し審美性をあまり重視しない傾向にありました。そんな歯科のあり方を疑問に感じていたことがきっかけです。
Q2 今後の美容歯科医に求められるものとは?
美容外科との連携です。口元は人に与える印象が大きいので、歯科医も顔全体のエイジングケア・ファンクション・エステティックを意識した目で患者様を見ることが求められます。
Q3 美容歯科医を続けていて困難なことは?
患者様の高い要求を達成し、困難をひとつずつ解決することが、自分の歯科医師としての能力を高めてくださったと感じています。

歯科口腔外科医大塚院

保坂 太一Taichi Hosaka

歯科口腔外科医 保坂 太一
略歴
平成03年 日本大学松戸歯学部 卒業
平成03年 日本大学松戸歯学部 口腔外科教室 入局
平成08年 大塚美容形成外科・歯科 入局

美容歯科歴 27年

所属学会・団体
顎変形症学会会員
日本口腔外科学会会員
コメント
患者様の悩みを親身になって受け止め、一生懸命ご相談に応じさせていただきます。
Q&A
外科医との協力により、美しいフェイスラインを作り上げた時です。大塚美容形成外科・歯科だからこそ出来る、あご・輪郭の悩みの手助けに参加した時に嬉しさを感じます。
Q2 患者様と接する上で心がけることは?
インフォームド・コンセントを大切にし、患者様の悩みを真摯(しんし)に受け止めることを心がけています。
Q3 これから美容歯科をお考えの皆様へ一言
一人で悩まず、その悩みを私にお話しください。

歯科医大塚院

齋藤 綾一朗博士(歯学)Ryoichiro Saito DDS, DDSc

歯科医 齋藤 綾一朗博士(歯学)
略歴
平成12年 日本大学松戸歯学部 卒業
平成16年 日本大学大学院松戸歯学研究科 卒業
平成17年 大塚美容形成外科・歯科 入局

美容歯科歴 13年

所属学会・団体
日本歯科医師会
日本歯科保存学会
日本臨床歯周病学会
日本口腔インプラント学会
日本歯科審美学会
日本糖尿病協会
日本学校歯科医会
日本歯周病学会
取得専門医
厚生労働省歯科医師臨床指導医
日本歯科保存学会認定 歯科保存治療専門医
日本臨床歯周病学会認定医
スウェーデン式 ペリソルブ、カリソルブ、キッズソルブ認定医
日本糖尿病協会登録歯科医
日本臨床歯周病学会 歯周インプラント認定医
日本歯周病学会認定 歯周病専門医
コメント
綺麗になることはもちろんですが、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上を重視し、虫歯治療、歯周病治療およびインプラント治療を含む口腔内の全体的な治療を心掛けています。審美的かつ機能的な口元を手に入れましょう。
Q&A
Q1 美容歯科医になって良かった瞬間は?
全ての治療が終了し、患者さんが美しい口元で笑顔を見せてくれたときです。
Q2 今後の美容医療に求められるものとは?
見た目の美しさだけではなく、健康から来る美しさとそれを維持する医療が必要であると思っています。
Q3 先生の今後の夢や目標は?
治療終了時の美しさを保ち続けるためには、定期的なメンテナンスのほか、自宅でのセルフケアも重要です。すべての患者様がご自分に適したセルフケアを身につけ、健康的な美しさを維持したままメンテナンスに来院してくれることを目標にしています。

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP