タトゥー・刺青レーザー除去(タトゥー・刺青消し)

タトゥー・刺青 レーザー除去

時間がかかってもメスを使わずにタトゥーや刺青を消したい方に。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーとは

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーとは、元々しみやあざを治療する非常に有効とされているレーザーで、照射精度が高く、患部以外の場所には殆ど影響がありません。タトゥー(刺青)除去だけでなく、しみ・あざ治療にも広く使用されています。

レーザー照射後、5~7日で患部が薄いかさぶたになり、その後自然に剥離し、照射した部分のタトゥー(刺青)が薄くなります。

メスを使用しないので傷跡が残らず、施術後の痛みや腫れなどのダウンタイムも殆どありません。

治療対象となるタトゥー(刺青)

墨汁による薄いタトゥー(刺青)

墨汁による薄いタトゥー(刺青)

墨汁を使用した薄いタトゥー(刺青)は、比較的皮膚の浅い部分に色素が入っており、Qスイッチルビーレーザーによる治療が有効です。

機械彫りによる薄いタトゥー(刺青)

機械彫りによる薄いタトゥー(刺青)

機械彫りによる黒色の薄いタトゥー(刺青)には、Qスイッチルビーレーザーによる治療が有効です。黒以外のタトゥー(刺青)の場合、レーザー照射により、患部が変色する恐れがあります。
この場合はタトゥー(刺青)の一部にレーザーの照射テストを行い、患部の反応を診察してから治療を継続するかどうかを決めることになります。

黒色のアートメイク

黒色のアートメイク

黒色のアートメイクならば、Qスイッチルビーレーザーによる治療が有効です。ただし色が濃すぎるアートメイクの場合は、Qスイッチルビーレーザー照射でも取り切れず、薄く色が残る場合があります。
また、茶色・焦げ茶などの色の付いたのアートメイクの場合は、機械彫り同様、患部が変色する恐れがありますので、照射テストが必要となります。

タトゥー(刺青)除去のメカニズム

タトゥー(刺青)除去のメカニズム

Qスイッチルビーレーザーによるタトゥー(刺青)除去は、レーザーをタトゥー(刺青)に照射し反応させ、色を徐々に薄くしていくというもので、患部に繰り返しレーザーを照射することにより、タトゥー(刺青)の色が徐々に薄くなっていきます。

治療サイクルと治療期間

Qスイッチルビーレーザー照射の間隔は最低でも2ヶ月間空ける必要があり、複数回施術を受ける場合は、最低でも半年以上時間がかかります。ですからタトゥー(刺青)の状態によっては完全に除去するまでにかなりの時間がかかることもあります。

小さいサイズで薄い色のタトゥー(刺青)ならば1~2回程度の治療で除去できますが、色の濃いタトゥー(刺青)や大きなタトゥー(刺青)には向いていません。
タトゥー(刺青)をすぐに除去したい方・濃い色・カラフルなタトゥー(刺青)を完全に除去したい方・短期間で消したい方には、切縫(せっぽう)がお勧めです。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    サイズの小さい黒色のタトゥー(刺青)を消したい
  • Case 2
    時間がかかってもメスを使用した治療は避けたい
  • Case 3
    傷跡が目立たない治療を希望している

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)とは

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)は、レーザーを照射した患部の水分に反応して熱が生じ、瞬間的に蒸散させることにより、患部を削り取るレーザーで、タトゥー(刺青)除去だけでなく、ほくろやイボの除去治療・凹凸のあるニキビ跡治療にも使用されています。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)によるタトゥー(刺青)除去の場合、Qスイッチルビーレーザーに反応しにくいカラフルなタトゥー(刺青)に使用します。レーザーを当てることにより、タトゥー(刺青)を破壊して取り除きますので、皮膚の浅い部分に一定の深さで彫られているタトゥー(刺青)に適応します。

浅い部分に彫られたタトゥー(刺青)は、1度の施術で除去可能ですが、深い部分に彫られている場合は2~3回の治療が必要となる場合もあります。

治療対象となるタトゥー(刺青)

Qスイッチルビーレーザーでは取れないカラフルなタトゥー(刺青)

Qスイッチルビーレーザーでは取れないカラフルなタトゥー(刺青)

Qスイッチルビーレーザーは黒色のタトゥー(刺青)にのみ適応しますが、CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)の場合はタトゥー(刺青)の色を選ばず治療が可能です。

赤・緑・黄色などのカラフルな色、明るい色のタトゥー(刺青)をメスを使わずに除去したい場合にお勧めです。

機械彫りなどで一定の深さに彫られているタトゥー(刺青)

機械彫りなどで一定の深さに彫られているタトゥー(刺青)

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)は、患部を削り取ることによってタトゥー(刺青)を除去しますので、機械彫りなどによる一定の深さに彫られているタトゥー(刺青)除去に向いています。

タトゥー(刺青)除去のメカニズム

タトゥー(刺青)除去のメカニズム

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)によるタトゥー(刺青)除去は、レーザーをタトゥー(刺青)に照射し患部を削り取ります。

レーザー照射直後は施術部位に赤みが見られ、患部に凹みが見られることがありますが、照射後1~2週間程度で皮膚が徐々に再生し、盛り上がってきます。患部が落ち着くまでは処方された軟膏を塗布し、医療用のテープで患部を保護します。

施術部分の赤みは個人差はありますが、施術後1ヶ月~3ヶ月程度で徐々に引いて目立たなくなっていきます。

治療サイクルと治療期間

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)は、基本的に1回で治療終了となります。ただしタトゥー(刺青)の状態によっては、刺青の色や傷跡が残る場合があります。また、施術を行う部位や患者様の体質によっては患部がケロイド状になることがありますので、ケロイドになりやすい体質の方にはお勧めできません。

タトゥー(刺青)をすぐに除去したい方・濃い色・カラフルなタトゥー(刺青)を完全に除去したい方・短期間で消したい方には、切縫(せっぽう)がお勧めです。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    サイズの小さいカラフルなタトゥー(刺青)を消したい
  • Case 2
    傷跡が目立たない治療を希望している
  • Case 3
    時間がかかってもメスを使用した治療は避けたい

レーザー治療の注意点

日焼け対策をしっかりと行う

日焼け対策をしっかりと行う

レーザー照射後はメラニン色素が活性化されるので色素沈着を起こしやすくなります。患部を直接紫外線に晒すことは避け、日焼け止めやUVクリームでしっかりと保護します。

紫外線吸収剤の入っている日焼け止めやUVクリームは使用せず、紫外線吸収剤の入っていないものを使用するようにします。
当院でも紫外線吸収剤不使用の日焼け止め(UVプロテクション)を販売しております。

色素沈着予防のためのハイドロキノン

色素沈着予防のためのハイドロキノン

患部の色素沈着を予防するために、日焼け止めやUVクリームと一緒にハイドロキノンを塗布していただいております(税抜¥9,000)

ハイドロキノンはブルーベリーやイチゴ、コーヒー、細菌類等に含まれる天然成分で、酸化を抑える還元作用があります。欧米では昔からシミ治療や美白成分として広く用いられてきました。

ハイドロキノンにはメラニンの合成を阻止する効果だけでなく、黒色メラニンが生まれる原因であるチロシナーゼ酵素の活性を抑え、更にできてしまったメラニンを還元し、除去する効果があると言われています。

施術の留意点

Qスイッチルビーレーザー CO2レーザー
施術時間 5分~(施術部位の大きさや状態による)
ダウンタイム 1~2週間 なし
腫れ・傷跡 5~7日程度で薄いかさぶたになります 1~2週間程度で皮膚が徐々に再生し、盛り上がってきます
施術の痛み 輪ゴムではじかれるような感じ 麻酔の時に多少の痛み
入院・通院 なし
麻酔 麻酔クリームまたは麻酔テープ 局所麻酔
持続性 半永久的(アフターケアが必要)
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 患部を避ければ当日から可能

施術料金

施術名 回数 定価(税抜)
Qスイッチ付きルビーレーザー 1~5ショット ¥10,000~
CO2レーザー 1回 ¥10,000~

よくあるご質問

自分で針と墨で入れたタトゥー(刺青)も消せますか?
墨で入れたタトゥー(刺青)でしたら、Qスイッチルビーレーザーで消すことが可能です。回数はタトゥー(刺青)の大きさにもよりますが、薄ければ2回程度の通院で消すことが可能です。
サイズは小さいのですが、赤や黄色のカラフルなタトゥー(刺青)を消したいです
黄色・緑・赤などの明るい色のタトゥー(刺青)除去でしたら、切縫(せっぽう)縫縮がお勧めです。局所麻酔をしてから施術を行うため、施術中に痛みを感じることはありません。タトゥー(刺青)の範囲によっては1回の施術で終わります。
肌・美容皮膚科の施術
しみ・あざ・肝斑
トレチノイン治療
Qスイッチルビーレーザー
∨ビームレーザー
ほくろ・いぼ
電気メス、CO2レーザー
ほくろ取り(切縫)
クマ
ヒアルロン酸注入
レディエッセ注入
Qスイッチルビーレーザー
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
しわ
エンディメッドPro
エンディメッド フラクショナル
プラセンタ内服カプセル
ヒアルロン酸注入
ボトックス注入
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
内視鏡ブローリフト(額)
たるみ
エンディメッドPro
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
スピーディミントリフト(糸)
シルエットリフト(糸)
フェイスリフト
ミニリフト
フルフェイスリフト
内視鏡ブローリフト(額)
こめかみリフト
脂肪吸引(フェイスライン)
上まぶたたるみ取り(切開法)
上まぶたたるみ取り(FB埋没法)
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
ニキビ・ニキビ跡治療
エンディメッド フラクショナル
トレチノイン治療
ケミカルピーリング
∨ビームレーザー
フラクショナルレーザー
CO2レーザー
内服薬(ニキビ治療)
赤ら顔
∨ビームレーザー
タトゥー・入れ墨除去(消し)
レーザー除去
切縫・皮膚移植
美容皮膚科・スキンケア
マッサージピール(PRX-T33®)
トレチノイン治療
プラセンタ内服カプセル
飲む日焼け止め(ヘリオケア・ソルプロ)
ラシャスリップス(リップグロス)
ドクターズコスメ NBシリーズ
クレンジングオイル
フェイシャルフォーム
モイスチャーローション
トーニングローション
モイスチャーエッセンス
パーフェクトクリーム
UVプロテクション
ソフトピーリングジェル
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP