横浜院院長Dr.井田のブログ

埋没重瞼の季節

中学受験、高校受験、大学受験、新社会人、転勤、引越し。

生活環境に大きな変化を伴う季節。

3月は、埋没重瞼の季節です。

問い合わせで一番多いのが、『手術後、どんな感じになりますか』

というもの。

埋没法の中で最も強く腫れが生じる、フォーエバーブリリアント法の手術当日の様子を提示してみました。

埋没法の標準的な、手術当日の経過です。

糸の刺入部位が陥没しているのが分かります。

この陥没は、約1ヶ月くらい続くのが普通です。

皮膚の厚み、脂肪の厚みが大きいと、陥没は強く。

そして、広い二重を作れば作るほど、陥没が治るまでの期間は長引く傾向があります。

逆説的に言うならば、『陥没が消えて、初めて100パーセント腫れが無くなった』、と考えると良いでしょう。

手術直後ながら、黒目が大きく現れ、かつ二重の幅も十分に確保された、良い埋没法の症例だと思います。

経過は、またご報告させていただこうと思います。

【フォーエバーブリリアント埋没法によるリスク】
二重の消失、縫合糸膿瘍等の感染症、埋没した糸の透見(皮膚から透けて見える)、目の異物感、左右差等

【フォーエバーブリリアント埋没法による副作用】
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.目の違和感
術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
4.ドライアイ
術後は目の開きが大きくなるため眼球の乾燥感が出現する可能性があります。
5.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

【リスクと副作用に対する予防】
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。左右差に対しては術前に十分なシミュレーションを行いご本人が納得した状態で施術を受けるように取り組んでいます。

【料金(税別)】
フォーエバーブリリアント埋没法 3点連結(5年保証)片目…¥90,000 両目…¥150,000
4点連結(10年保証)片目…¥150,000 両目…¥250,000

▼フォーエバーブリリアント埋没法 https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/maibotsu/forever/

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.