横浜院院長Dr.井田のブログ

大塚美容形成外科の二重形成

最近診療して思うこと。
眼瞼下垂と診断を受けた患者様の増加。

今の時代、セカンドオピニオンは当然の時代で、
複数の美容外科受診は珍しくなく、患者様にとっても利益にもなります。

眉の位置、瞳孔から上瞼までの距離で眼瞼下垂と診断を受ける。
そして、単純に切らないと直らないと診断を受けている症例が
多いように感じます。

 

今回の症例。

右目が二重だが、安定せず。時には一重に戻る。
左目は一重。
現状、右目の眉が上がっている。


【診断】
若干、左側の上眼瞼挙筋が弱く、
ヘリング効果(右か左どちらか一方の眼瞼下垂症手術をすると、反対側のマブタが下がることがあります。これをヘリングの法則といいます。)
で右眉が上がっているか?
患者様は、切らない方法で二重を安定させたい、が主訴。

 

【治療】
左の上眼瞼挙筋を瞼板に固定するように心がけた、
フォーエバーブリリアント法。

【結果】
右眉の挙上も修正され、安定した二重となった。
左右の黒目の大きさも均等になっています。

 

ここに、ただ埋没をするだけではない、
大塚美容形成外科の二重形成の秘密があります。

全ての医師が、眼瞼下垂の手術をマスターし、
解剖学的知識を持った上での埋没重瞼。

患者様の社会的な状況、希望をさりげなくお聞きする。
その中で、改善が見込まれる手術を選択していく。

頭の中では、外れかけた上眼瞼挙筋を瞼板に付着させるように、
そして一番挙筋が強い真ん中は縫わないと。
なら、フォーエバーブリリアント法しかない
、と決めています。


『武田先生、ベストには及ばないベターという選択肢もある。
手術がしたい患者様は、うちで断っても
必ず別の美容外科に行って手術するんだよ。
であれば、ベターで良いから、うちでやってあげなさい』


今は亡き、大塚美容形成外科の創設者、石井秀忠先生の教えです。

今回も、ベストではなかったかもしれませんが、
ベターな選択が出来たかなと自己満足に浸っています。

次回は、週末にエンディメットプロの経過報告を続けてまいります。

【症例写真】

施術前の写真

施術前

施術後の写真

施術後

【フォーエバーブリリアント埋没法によるリスク】
二重の消失、縫合糸膿瘍等の感染症、埋没した糸の透見(皮膚から透けて見える)、目の異物感、左右差等

【フォーエバーブリリアント埋没法による副作用】
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.目の違和感
術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
4.ドライアイ
術後は目の開きが大きくなるため眼球の乾燥感が出現する可能性があります。
5.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

【リスクと副作用に対する予防】
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。左右差に対しては術前に十分なシミュレーションを行いご本人が納得した状態で施術を受けるように取り組んでいます。

【料金(税別)】
フォーエバーブリリアント埋没法 3点連結(5年保証)片目…¥90,000 両目…¥150,000
4点連結(10年保証)片目…¥150,000 両目…¥250,000

▼フォーエバーブリリアント埋没法 https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/maibotsu/forever/

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.