院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 二重・目元に関するブログ » 黄金比について

黄金比について

オウム貝・ひまわり・植物の弦・波しぶき等、自然界で作られる綺麗な造形物は多種多様です。その比率を数学的に表すと

1 : 1.618…

となることが多いため、この比率を黄金比といいます。

オウム貝

 

この黄金比は最も美しい数値と言われ、レオナルドダヴィンチやミケランジェロ、葛飾北斎などの作品でも使われています。この黄金比が見つかっていない時代からピラミッド、パルテノン神殿、法隆寺など建造物にも取り入れられています。私たちはその昔から無意識のうちに黄金比のものを「美しい」と感じるようです。

 

ハリウッド女優の顔をパーツごとに比率を計算すると見事に黄金比に近い方が多いです。美しいと思うのにも納得ですね。

 

なぜ、この比率が「美」という概念と一致するのか大変に興味深いです。

一説には

自然界で作られる完全な形=DNAの欠損が少ない=健康体=種の保存が守られる

という説もあります。

となると美人=健康体 となりますが、日本では美人薄命という言葉もありますので、そう簡単なものではないと思います。

 

今回のモニターさんは20歳の方です。

施術は単純にフォーエバーブリリアント法の埋没法です。

二重になるだけであればアイテープでも可能です。しかし、アイテープの二重とは明らかに印象が違います。この違いは眉毛の位置です。埋没法では糸をまぶたの瞼板に固定するため目が開きやすくなります。目が開きやすくなると額の緊張が取れて眉毛の位置が下がります。また、二重により皮膚が織り込まれるため、まつ毛の生え際が見えるようになり目が大きく見えます。

<術前>

 

mae2

 

<術後>

go2

結果、術前の「目」と「まぶた」の比率は1 : 2 でしたが、術後は1 : 1.5となり黄金比に近づいています。

パッと見で美人と認識させる最も簡単な方法です。


1 / 41234
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.