院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 二重・目元に関するブログ » Men’s 二重整形 PartⅡ

Men’s 二重整形 PartⅡ

今回の二重整形のモニターさんは20代の大学生です。

男性の整形については賛否両論あるかもしれませんが、
私は常日頃自然な仕上がりになるように心掛けています。

男性の場合は基本的にはメイクをしないため、
自然な仕上がりでないと違和感が残ります。

また、同性からの評価も大切です。

同性からの評価とは、大多数の男性は
「男性は外見よりも仕事(勉強)」を評価します。

そして女性のようにメイクもしなければ着飾ることもしません。
モデルや俳優であれば別ですが一般的には整形には否定的な場合や
無関心な場合が多いと思います。

しかし、「身だしなみ」という見方から考えると
過去と現在で大きく違いがあると思います。

身だしなみには、ひげや髪型、洋服など、社会人として
相手を不愉快にさせないレベルから、好印象を与えるレベルまであります。

一般的にはできるだけ好印象を与え、
その後のコミュニケーションにつなげたいと考えます。

好印象を与えるには昔ならば清潔感だけでよかったのかもしれませんが、
現在では優しさや柔軟性も大切だと思います。

この違いは女性の社会進出が増えたことであり、男性目線の身だしなみから
女性目線の身だしなみへとハードルが高くなった事からかもしれません。

今回のモニターさんは鼻も高く目も大きく、骨格も立体的でカッコいい男子です。
まぶたは奥二重でした。

術前のイメージでは、男らしい、きりっとしている、日本男子、頑固な感じ、
少し怖い感じ、だと思います。

手術はナチュラル法(2点固定による二重埋没法)を行いました。
術後は1週間です。

目の印象は顔の中でも最も強い部位です。
二重になるだけで優しい感じになるので相手に与える印象は大きく変わります。

他にも第一印象では、笑った時の歯並びなども重要だと思います。
歯並びの治療は美容整形を受けるよりも抵抗感はないと思います。
また、口を大きく開かない限りは気づかれにくいです。

しかし、歯並びの治療には時間と高いコストが必要となります。

一方、二重の治療には抵抗感があると思いますが、
時間とコストは歯の治療と比べれば断然に少ないです。

【ナチュラル埋没法によるリスク】
二重の消失、縫合糸膿瘍等の感染症、埋没した糸の透見(皮膚から透けて見える)、目の異物感等

【ナチュラル埋没法による副作用】
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.目の違和感
術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

【リスクと副作用に対する予防】
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

【料金(税別)】
2点
片目…¥50,400、両目…¥84,000
3点
片目…¥75,600、両目…¥126,000

▼ナチュラル埋没法 https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/maibotsu/natural/


  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.