横浜院院長Dr.井田のブログ

ベストセラー?

美容外科でのベストセラー?

私が美容外科医としてスタートを切った16年前は、圧倒的に重瞼術。

二重瞼を形成する手術でした。

3月など季節の変わり目には、一日10件以上の重瞼術をさせていただくのも、ごく普通。

当時の先輩医師からお聞きしたお話では、それから更に以前では包茎矯正がメインであったとの事。

今現在はと言うと、エイジングケア。

所謂、抗加齢療法の進化と共に、皺、タルミに対する治療法が台頭の傾向を見せています。

それでも、やはり一番多いのは重瞼術。

とりわけ埋没法と呼ばれる、切らない重瞼術が群を抜きます。

インターネットによる情報の提供により、最近では最初から切開による重瞼を希望し、施術を受けられる方が以前より増えました。

「埋没は、すぐ元に戻る」

という、口コミが要因と思われます。

当院で行っている、埋没法の一覧です。
https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/maibotsu/

では、本当に埋没法が、すぐ戻ってしまうのか。

答えは、「NO」 です。

患者様の希望、瞼の状態、適正な幅。

これを、間違わなければ、長期間保持される二重瞼を手に入れることが可能です。

切開しなくても良い場合がある、と言うより多い、のが正解でしょう。

次回以降、それぞれの術式について詳しくお話して行きたいと思います。

  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

札幌院院長札幌院

武田 昇Noboru Takeda M.D.

札幌院院長 武田 昇 大塚美容外科 札幌院 ドクター武田ブログ
略歴
平成02年 札幌医科大学 卒業
平成02年 札幌医科大学附属病院皮膚科形成外科 入局
平成05年 札幌形成外科病院 入局
平成08年 旭川赤十字病院 入局
平成10年 大塚美容形成外科 入局

美容形成外科歴 30年

所属学会・団体
国際形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.