院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » ボディ・痩身に関するブログ » ダイエットによる皮膚のたるみ

ダイエットによる皮膚のたるみ

先日放送されたTBS「あの日に帰りたい特別編」の収録で
天王州のスタジオに行ってきました。

午前中の診察を終え、急いでお昼すぎにスタジオ入り。
いただいた唐揚げ弁当を食べながら収録開始まで楽屋で待機してましたが、
収録の際にはいつも思いますが、やっぱり収録前は緊張しますね・・・。

さて、今回は【ダイエットでできた皮膚のたるみ切除】について。

今回私が手術した女性は、当初の体重は130kgだったそう。
その後、過激な自己流ダイエットにより97kgと、33kg以上の減量に成功したものの、
残念ながら過度なダイエットでお腹の皮膚がたるんでしまったのです。

その後、番組のサポートのもと
正しいダイエット法で目標数値の59kgまでダイエットに成功。

そして最後に、私が余ったお腹の皮膚を切除して
すっきりとした美しいプロポーションを無事に手に入れておりました。

   ▼施術前

   ▼施術後

・・・彼女に限らずとも、過度なダイエットをすると
【皮膚がたるんでしまう】ことはしばしばあります。

これにはいくつかの理由があります。

まずは「皮膚の薄さ」。

彼女の腹部を見ると妊娠線が非常に多かったんですよね。
妊娠線は、体重増加によって表皮の内側の真皮に亀裂が入って起きます。

表皮が薄くて伸びやすい方は、内側の真皮が追いつけず妊娠線ができやすいのです。

2つ目は、「脂肪のつき方」。

この女性は皮下脂肪型肥満で、内臓脂肪が骨に囲まれているのに対し
皮下脂肪は皮膚に直接ついている為、体重が増えたり減ったりした時に
内臓脂肪よりも皮膚に与える影響が大きいのです。

そして3つ目は、
ダイエットを行っている間「運動を一切しなかった」ことです。

皮膚の薄さ、皮下脂肪型肥満、運動しないダイエットの3つの要素が重なり、
極度に皮膚がたるんでしまったのですね。

そこでダイエットをする際の注意点。

適正な食事摂取とあわせて、筋力トレーニングや有酸素運動などの
運動も取り入れて、余分な脂肪をしっかり燃焼しましょう。

とはいえ自己流ダイエットには悩みもつきもの。

ダイエットで気になる点があればいつでもご相談ください。


  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.