院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 鼻の整形に関するブログ » シリコンプロテーゼを使ったプロテーゼ隆鼻術

シリコンプロテーゼを使ったプロテーゼ隆鼻術

隆鼻術とは鼻を高くする施術です。
現在、良く行われている隆鼻術は注射による方法です。

ヒアルロン酸かレディエッセというハイドロキシアパタイトを注入しますが、どちらも吸収されて無くなってしまうため、元に戻ってしまう施術です。

戻らない隆鼻術となるとシリコンプロテーゼを挿入する方法になります。
シリコンは柔らかくハサミなどで簡単に切れるため加工しやすい素材です。

シリコンプロテーゼにはL型とI型があります。
基本的にはI型を使用していますが、鼻先を少しでも高くしたい場合にはL型を使用します。

鼻先をしっかりと高くする場合には鼻翼軟骨を縮める方法や軟骨を移植する方法が必要となります。
また、シリコンプロテーゼの形には何種類かあるため、希望の形にあったシリコンプロテーゼを使用します。

手術は局所麻酔で行います。
麻酔をすると腫れてしまうため、シリコンプロテーゼを削ることから始めます。
鼻の輪郭に合わせてメスとハサミを使用してシリコンプロテーゼを削ります。

次に麻酔を行い、手術を始めます。
手術の際に大切なことは鼻骨骨膜下の剥離です。
骨膜下にスペースを作りシリコンプロテーゼを挿入しますが、そのスペースが最小限になるように剥離を行います。

剥離範囲が広すぎるとシリコンプロテーゼがずれてしまう原因となります。
麻酔が終わってからの手術時間は5分程度です。

10代後半のモニターさんです。
自然な感じで鼻を高くしたいという希望でした。

鼻根部から鼻尖部にかけて全体的に低く、鼻先は少し丸い状態でした。
シリコンプロテーゼは幅が狭く、高さを作れるタイプのものを選びました。

術前(正面)

術後(正面)

術前(横向き)

術後(横向き)

術後は顔の中心部分が高くなることにより、扁平だった顔の印象が立体的な印象に変わり、小顔効果が得られています。

※当院のシリコンプロテーゼ隆鼻術はこちら


1 / 41234
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.