院長Dr.石井の美容ブログ

女性は1日10分「手のひらを太陽に」

最近はすっかり「美白ブーム」ですね。
女性誌をみても美白コスメなどが特集されています。

日焼けをするとメラニンが生成されシミが増える原因になるので、
確かに今のブームは間違いではないのですが、

逆に日焼けを全くしないと起こりやすくなる病気もあります。

それが「骨粗鬆(しょう)症」です。

骨粗鬆症とは、骨密度が薄くなり
ちょっとしたことで骨折しやすくなる病気です。

特に高齢の方に多い病気だったのですが、
ここ最近では、なんと若い人にも骨粗鬆症予備軍が増えてきています。

ある統計によると、「20代の6人に1人」の骨密度が、
すでに「50代並みの低さ」だという調査結果も出ております。

どうしてこんなに若い人の骨密度が薄くなってしまったのか?

実はそこには、日光が関係してくるのです。

骨の成長に必要なカルシウムの働きを調整するのが、
ビタミンDという物質です。

このビタミンDが不足すると、
カルシウムが十分だとしても、立派な骨を作ることができません。

そして私たちの身体にあるビタミンDの大半は、
「日光を浴びること」で生成されるのです。

つまり、日光に当たらないと、
ビタミンDが生成されない=立派な骨が作られないのです!

・・・といっても安心してください、
日焼けするほどの日光を浴びる必要は、ありません。

ある大学の研究によると、両手のひらを太陽に向けて
1日10分程度でも日に当たれば、ビタミンDの合成には十分なのだそうです。

昔から人間は太陽の下で生活をしているのですし、
時には軽く浴びることも、健康のためには大事なことですね。

また、必要以上の日焼けは絶対したくないという方には、
「美白の救世主」とも言われるハイドロキノンをオススメします。

ハイドロキノンは、メラニンの合成を抑制します。

毎日寝る前に肌に塗り、普段の生活でもできるだけ紫外線を避けることで
2か月ほどで白さを実感することができます。

またビタミンDもカルシウムも、しらす干しに多く含まれているので、
どうしてもあまり日焼けしたくないという女性は、
こういった食品を食べることで少しでも骨を強くしていくといいでしょう。


  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.