院長Dr.石井の美容ブログ
TOP » 二重・目元に関するブログ » 朝まぶたのむくみがひどい方に最適な複合二重施術

朝まぶたのむくみがひどい方に最適な複合二重施術

一重の方の悩みの中で多いのが「朝起きたときに目がむくんでいる」というものです。まぶたに脂肪が多く、特に朝はむくんでしまうと悩んでいる方が多いようです。
まぶたの脂肪のボリュームが少ない場合は、埋没法だけで改善する場合もあります。まぶたに脂肪の多い方は、脂肪を取り出すこともできます。方法としては、全切開法と小切開法が有名です。
当院では患者様の負担やダウンタイムの長さ、費用のご負担などを考慮し、埋没法と組み合わせることで最小限の切開ですむ「マイクロ切開法」という施術方法を取り入れています。
マイクロ切開法のメリットは、全切開法と比較して傷が小さいためダウンタイムが短いこと、埋没法と組み合わせることで術中に二重のラインの確認が可能ということです。さらに、まぶたに余分な脂肪がなくなるためすっきりとした目元になり、綺麗な二重を実現することもメリットです。
脂肪の多いまぶたの方の「眠たそうに見える」「目つきが悪く見える」「目が小さい」といったお悩みも解決します。

マイクロ切開法には、二通りの施術方法があります。
マイクロ切開法A・・・ナチュラル埋没法+脱脂
マイクロ切開法B・・・ナチュラル埋没法+脱脂+小切開重瞼固定

マイクロ切開法Bに含まれている小切開重瞼とは、まぶたを5mm程度切開して脂肪を取り出した後、二重の切開法と同じように目の腱膜を眼輪筋に固定していく方法です。
setumei

二重が戻りづらくラインが深くなるのでパッチリとした二重になります。

脂肪のボリューム等まぶたの状態によっては、全切開法の方が適している場合や埋没法だけで状態が改善する場合もありますので、カウンセリングで充分にご希望を伺ってからご提案させていただくようにしています。
20代のモニターさんです。もともと一重だったのですが、長期間アイコスメを使用していたことにより、薄い二重のラインが癖づいたようです。脂肪により朝に目がむくんでいることが多く、アイメイクに長時間かかることが大きなお悩みでした。またぼんやりとしたラインも気に入っていないご様子でした。
脂肪を取り出し、二重の幅を広げて、すっきりと愛らしく、ぱっちりとした目元になりたいとのご要望でしたので、マイクロ切開法Bで施術いたしました。

<術前>

zen

長期間のアイメイク利用で、二重の癖ができています。

<術後1年7か月>
go

クッキリとした魅力的な目元になりました。朝のむくみも解消され、メイク時間が大幅に短縮されたとお喜びいただきました。

 

【マイクロ切開法によるリスク】
傷跡、二重の消失、感染症、まぶたの陥没

【マイクロ切開法による副作用】
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間ほどです。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

【リスクと副作用に対する予防】
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

【傷跡に対する予防】
小切開二重術は二重の線に沿って5mm程度の切開を行います。傷跡はステロイド含有軟こうを短期間使用することで赤みを抑えることができます。また、術後は紫外線ケアをすることで術後の色素沈着を抑えることができます。

【まぶたの陥没に対する予防】
手術適応があるかしっかりと診察してから適応のある方に対して本術式を行います。また、脂肪の切除量を調節しながら手術を行います。調節とは具体的には手術中に座位(起き上がった状態)の状態を確認しています。

【料金(税別)】
マイクロ切開法A(2年保証)片目…¥126,000 両目…¥180,000
マイクロ切開法B(5年保証)片目…¥196,000 両目…¥280,000
マイクロ切開法Bプレミアム(10年保証)片目…¥80,000 両目…¥400,000

▼マイクロ切開法 https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/eye/sekkai/bubunsekkai/


  にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

著者紹介

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
無料カウンセリング無料メール相談
Copyright(C) OTSUKA MEDICAL SERVICE Co.,Ltd.