皮膚切除 症例写真

皮膚切除 症例写真

皮膚切除 症例写真

余ってたるんだ皮を切除する「皮膚切除」の症例写真を紹介しています。
ボディライン・脂肪吸引 症例写真Bodyline Photo Menu

皮膚切除

Pick up症例
  • 施術前
  • 施術後

施術詳細(リスクと副作用)

手術名 皮膚切除
術式 腹部形成術
術式詳細 腹部皮膚切除
費用
皮膚切除
¥1,320,000~
リスク 感染症、皮下出血、傷跡、皮膚壊死
副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
術後は2週間程度の痛みがあります。また、立ち上がる動作の時に感じる違和感は2か月程度あります。
3.術後の腫れ
大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは2か月程度あります。腫れを抑えるために術後はサポーターやコルセットを着用します。
手術時の痛みに対して 腹部形成術は全身麻酔での施術となりますので、手術中の痛みはありません。
感染症に対して 手術は滅菌操作で行います。術後は抗生剤の点滴をします。
皮下出血に対して 術後の皮下出血を予防する目的で、皮膚の中にドレーン(管)を挿入したうえで圧迫します。術後1週間は包帯による圧迫を行います。
傷跡に対して 腹部形成術は余分な皮膚を切除するため下腹部の切開が必要になります。傷跡は通常6か月程度の赤くなる期間がありますが、1年ほどで薄くなります。傷の治る期間には個人差もあります。傷の線は下着で隠れるようにデザインします。
皮膚壊死のリスクに対して 腹部形成術では緩んだ腹直筋を引き締めるように縫合するため広い範囲で皮膚を剥がします。皮膚を剥がして余分な部分を切除するだけなら問題ありませんが、同時に脂肪吸引を行うと血流が悪くなる可能性があります。脂肪吸引が必要な場合は分けて行うことをお勧めします。

- Doctor's Commentドクターコメント - Doctor's Comment

通常腹部のたるみは下腹部にできることが多いですが、この方は下腹部から上腹部まで腹部全体のたるみを生じていました。手術は下腹部と同時に上腹部に対しても行いました。下腹部は下着に隠れる範囲で皮膚切除および腹直筋の縫合、へそ位置の変更を行っています。上腹部に対してはブラジャーに隠れる範囲で切開してたるんでいる組織をリフトアップしています。

皮膚切除

二の腕
  • 施術前
  • 施術後
腹部
  • 施術前
  • 施術後

施術詳細(リスクと副作用)

手術名 皮膚切除
術式 腹部形成術、上腕形成術
術式詳細 腹部皮膚切除、二の腕皮膚切除
費用
皮膚切除
¥1,320,000~
リスク 感染症、皮下出血、傷跡、皮膚壊死
副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は3週間程度で自然に消失します。
2.術後の痛み
術後は2週間程度の痛みがあります。また、立ち上がる動作の時に感じる違和感は2か月程度あります。
3.術後の腫れ
大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは2か月程度あります。腫れを抑えるために術後はサポーターやコルセットを着用します。
手術時の痛みに対して 腹部形成術は全身麻酔での施術となりますので、手術中の痛みはありません。
感染症に対して 手術は滅菌操作で行います。術後は抗生剤の点滴をします。
皮下出血に対して 術後の皮下出血を予防する目的で、皮膚の中にドレーン(管)を挿入したうえで圧迫します。術後1週間は包帯による圧迫を行います。
傷跡に対して 腹部形成術と上腕形成術は余分な皮膚を切除するため切開が必要になります。傷跡は通常6か月程度の赤くなる期間がありますが、1年ほどで薄くなります。傷の治る期間には個人差もあります。腹部の傷は下着で隠れるようにデザインします。
皮膚壊死のリスクに対して 腹部形成術では緩んだ腹直筋を引き締めるように縫合するため広い範囲で皮膚を剥がします。皮膚を剥がして余分な部分を切除するだけなら問題ありませんが、同時に脂肪吸引を行うと血流が悪くなる可能性があります。脂肪吸引が必要な場合は分けて行うことをお勧めします。

- Doctor's Commentドクターコメント - Doctor's Comment

自己流の急激なダイエットにより体重は40kgほど減少したが下腹部にたるみを生じてしまった典型的な症例です。たるみは下腹部だけではなく二の腕、大腿部にも生じていました。手術は二の腕、下腹部、大腿部に対して行っています。下腹部はたるんでいる皮膚の切除と腹直筋の縫合、へその位置移動を行っています。二の腕は脇を含めたたるみを切除しています。大腿部は内側に対してたるみの手術を行いました。


症例写真カテゴリーPhoto Category
Web予約
クリニック一覧 ▲上へ