他院修正 症例写真

他院修正 症例写真

他院での二重整形の修正施術「他院修正」の症例写真を紹介しています。
目もと・二重まぶた 症例写真Eye Photo Menu

他院修正 フォーエバーブリリアント埋没法

  • 施術前
  • 施術後(1ヵ月半後)
目を閉じた状態
フォーエバーブリリアント埋没法施術後(1ヵ月半後)

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
二重術

術式
埋没法

術式詳細
3点連結瞼板固定法

費用
3点連結(5年保証)
片目…¥90,000
両目…¥150,000
4点連結(10年保証)
片目…¥150,000
両目…¥250,000

リスク
二重の消失、縫合糸膿瘍等の感染症、埋没した糸の透見(皮膚から透けて見える)、目の異物感、左右差等

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは4~5日程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.目の違和感
術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
4.ドライアイ
術後は目の開きが大きくなるため眼球の乾燥感が出現する可能性があります。
5.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。左右差に対しては術前に十分なシミュレーションを行いご本人が納得した状態で施術を受けるように取り組んでいます。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
20代のモニターさんです。2年前に他院で3点留めを施術されたのですが、左目だけ取れてしまったとのことでご来院されました。まぶたの状態を診察させていただいたところ右目はまだ前回の施術の二重が残っており、加齢によるタルミなども心配なかったため、左目のみ取れにくいフォーエバーブリリアント埋没法で施術することにしました。術前は2年前の他院での施術が左目(向かって右側)だけ取れてしまっている状態です。術後は希望通りの二重になりました。もう少し馴染んでくると左右差も気にならなくなります。

他院修正(切開法・右目のみ)

  • 施術前
  • 施術2週間後

  • 施術前(上方視)
  • 施術1ヶ月後(上方視)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
二重術

術式
切開式重瞼術

術式詳細
全切開法

費用
切開法
片目…¥217,000
両目…¥310,000

リスク
切開線が目立つ、左右差、二重の消失、縫合糸膿瘍等の感染症、目の異物感等

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは1~2か月程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
術後1~2か月程度切開線は赤くなります。メイクで隠せる程度の赤みです。
4.目の違和感
術後1週間程度は目が引っ張られる感じがあります。
5.ドライアイ
術後は目の開きが大きくなるため眼球の乾燥感が出現する可能性があります。
6.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

傷跡に対する予防
切開線を完全に無くすことは不可能ですが、出来るだけ目立たなくさせるために皮膚などの組織切除量を最小限に抑える工夫をしています。また、術後にはステロイド軟こうによる処置をしていただきます。
ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
今回は10年前に他院で切開法による二重手術(切開重瞼)を受けたモニターさんです。二重の左右差を治したい希望で来院されました。
右まぶたの内側の開きが弱いことが原因だったため右まぶたの修正術を行いました。手術は切開してあるライン上で再度切開し、挙筋腱膜を固定しなおします。特に内側の腱膜は弱かった部分があり固定する位置を何度か調節し、力が伝わりやすい部位で固定しました。

症例写真カテゴリーPhoto Category
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP