斜鼻修正 症例写真

斜鼻修正 症例写真

事故や怪我などで曲がってしまった鼻を美しく整える「斜鼻修正」の症例写真を紹介しています。
鼻 症例写真Nose Photo Menu

斜鼻修正

  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
斜鼻修正術

術式
鼻骨骨切り術

術式詳細
曲がった鼻を治す手術

費用
斜鼻修正
¥700,000

リスク
感染症、皮下出血、骨切り線の段差を触れる

副作用
1.術後の腫れ
大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは1~2か月程度あります。腫れる部位は主に目の周りです。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤の点滴と内服を開始します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。手術当日は入院となるので点滴や筋肉注射による鎮痛剤も使用できます。術後の腫れは主に目周りにおきます。腫れを軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

骨切り線の段差について
骨切り線を鼻骨の上方にすると段差として触れる可能性があります。鼻骨の骨切り術は直視下に行う手術ではなく感覚で骨を切開する必要があるため、当院では経験の多いドクターのみが行っています。

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
以前に鼻をぶつけて鼻が曲がってしまった症例です。鼻が曲がってしまった原因は鼻をぶつけたときに鼻骨骨折を起こし、治療をしていないため曲がった状態で骨がくっついてしまったためです。鼻骨骨折の受傷後は2週間以内に骨の整復をしないと曲がりを治すことはできません。本症例のように骨折から時間が経っている場合は鼻骨を骨切りして正常な位置に戻す手術が必要となります。術後はギプスによる固定が5~7日間となります。

症例写真カテゴリーPhoto Category
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP