目の下のクマの施術について

目の下のクマの施術について

メイクで隠しにくい目の下のクマもすっきりと。

クマの原因は様々です

寝不足や多忙な日が続いた時に現れる目の下のクマ。数日程度で治る一過性のクマもありますが、中にはきちんと治療をしないと消えないクマもあります。

一過性のクマについて

一過性のクマについて

一過性のクマの原因は、皮膚の薄さに関係しています。目の周りの皮膚はとても薄く、睡眠不足や疲れが原因で血液が黒ずんでしまうと、目の下の血管が黒く目立ってしまうためにクマができるのです。

このような一般的な目の下のクマの対処法としては、ゆっくりと休養や睡眠を取ることが一番。そして目の周囲だけではなく全身の血行をよくするために温かくすることも大事です。

様々な理由でできるクマ

様々な理由でできるクマ

当院でも目の下のクマに関するご相談は、20代から60代以上の方までと幅広くいただいています。この場合は、一過性のクマではなく、メラニンが原因の色素沈着や目の下のたるみが関連していることが多いです。目の下のクマがあるために、「疲れている」「不健康にみえる」「年よりも老けて見える」などマイナスのイメージを与えてしまうこともあるようです。

一口に「目の下のクマ」といってもいくつかの原因があるので、まずはご自身のクマがどんな原因でできているのかを把握することが大切です。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
診察でクマの原因をしっかりと突き止めます。

「クマ」とは医学用語ではありません。一般的に使われている言葉ですので医学的には多くの種類に分類することができます。まずは診察して原因を突き止め、それに合った治療を進めることが必要です。手術はもちろんですがヒアルロン酸の治療にしても様々な方法(テクニック)があります。その人に合わせた方法で行うことにより確実な効果を出していきます。

クマの種類と原因

色素沈着 色素沈着

色素沈着によるクマの場合は、紫外線によるダメージや皮膚への刺激が原因になることがほとんどです。

紫外線やストレスが原因の場合は、ダメージによりターンオーバーのサイクルが乱れ、古いメラニン色素が目の下の皮膚に残ったままになってしまいます。
そして皮膚のメラニン色素がどんどん蓄積されていき、色素沈着となります。毎日この行為を繰り返すことでメラニンが過剰に生成され皮膚に沈着し目の下のクマとなります。

メラニンなど色素沈着によるクマ治療はレーザーとトレチノイン治療が適しています。

へこんだクマ へこんだクマ

目の下の眼窩脂肪が浮き出て影ができ、これがクマの原因となることもあります。老化が原因の事が多く、目の下の皮膚が伸びるとたるみの原因にもなってきます。

加齢とともに眼窩脂肪をささえる膜(隔膜)がゆるみ、眼球の位置が下にさがります。このため眼球の下にある眼窩脂肪が圧迫されて皮膚のほうに浮き出てきて膨らみをつくり、クマの原因となります。このタイプの場合は予防法がないため目の下の脂肪を除去する治療が必要になります。

加齢現象

年齢と共に目の下の皮膚が薄くなり血管や筋肉などの皮下組織が見えてくるクマもあります。

目の下のクマの施術一覧

  • ヒアルロン酸注入
    hyaluronic acid ヒアルロン酸注入

    弾力やハリがなくなった肌や、しわができた肌にヒアルロン酸を注入する治療です。


  • レディエッセ注入
    radiesse レディエッセ注入

    レディエッセを注入しクマを内面からふっくらさせる治療です。


  • Qスイッチルビーレーザー
    ruby laser Qスイッチルビーレーザー

    「Qスイッチモード」が付いていることでメラニンだけに働きかけるため、ほかの肌にも負担がかからない治療です。


  • 下まぶたたるみ取り(脱脂法)
    orbital fat resection 下まぶたたるみ取り(脱脂法)

    加齢による目の下のたるみやクマの原因となっている余分な脂肪を取り除くたるみ治療です。


  • 下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
    Hamura method orbital fat repositioning 下まぶたたるみ取り(ハムラー法)

    下まぶた側のまつげ近くを切開し、脂肪がくぼんでクマになった箇所に移動させる施術法です。


  • 下まぶたたるみ取り(切開法)
    Lower eyelids blepharoplasty 下まぶたたるみ取り(脱脂法)

    目の下の余分な皮膚を取り除くことでたるみを解消する治療です。


大塚美容が支持される理由

  • 小さな手術で大きな効果を

    創立以来の当院の基本理念です。患者様の心身のご負担を少しでも取り除くことができる手術の提案をし、また、患者様のご希望をきちんと理解することで、効果を導き出しています。

  • 経験に基づく技術

    1976年の大塚院開院以来の歴史で国内外の多くの学会発表の経験があり、その研究成果や実績を活かした施術を行っています。
    ※42年間経営 6院にて729,000件の手術経験

  • 確立された技術力

    日本形成外科学会や大学病院で経験を積んだ形成外科医・美容外科医が在籍し、日々技術力の向上に努めています。また更なるスキルアップのため医師同士の意見交換会も実施しています。

  • 丁寧なカウンセリング

    手術方法だけではなく、メリット・デメリットについても説明します。手術前の不安を取り除いてください。また手術後は、メール相談や24時間対応の緊急連絡先にいつでもご相談可能です。

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP