ミニリフト

ミニリフト

少しだけシワとたるみが気になる方におすすめです。

ミニリフトについて

ミニリフトとは

ミニリフトとは

ミニリフトとは、日本人の骨格に合わせて開発された当院独自のフェイスリフト法です。

おもに顔の下1/3の部分をリフトアップするのに適しています。
頬をリフトアップする場合、通常のフェイスリフト法に比べ、およそ1/3の切開ですみます。

ミニリフトの特徴

ミニリフトの特徴

切開線が短く手術する範囲も狭いため術後のダウンタイムが短いことが最大のメリットです。手術内容は通常のフェイスリフト同様にSMAS膜を引き上げるため「たるみ」を無くすことができます。効果の持続期間も同様に5年~10年と長いです。
通常のフェイスリフトとの違いは効果の部位が少し狭くなることです。

通常のフェイスリフトは頬・あご・首と広い範囲のたるみを治療できますが、ミニリフトではあごを中心に首までの範囲の治療となります。

手術の組み合わせ

他の手術と組み合わせることでダウンタイムを短いまま手術の効果の範囲を広げることができます。

これらの手術は全てミニリフトの切開線からできるので新たに切開せずに同時に行うことができます。休みは取れないが「たるみ」をしっかりと治したい方におすすめです。

ミニリフト・フェイスリフト・フルフェイスリフトの違い

ミニリフト フェイスリフト フルフェイスリフト
こんな部位に フェイスライン、頬、口もとなどの一部 こめかみ、フェイスライン、頬、口もとから首までの全体的なライン おでこ、上まぶた、こめかみ、フェイスライン、頬、口もとから首までの全体的なライン
効果 ほうれい線や頬、あごのたるみの解消 ほうれい線や頬、あご、首のたるみの解消 おでこや鼻のしわの解消、ほうれい線、上まぶた、頬、あご、首のたるみの解消
持続時間 5~10年 約10年(~半永久) 10年以上(~半永久)
持続性 やや弱い 普通 半永久
施術時間 3~4時間 4~5時間 5~6時間
術後の腫れや痛み 4~5日 10~14日 14日程度

ミニリフト

  • ミニリフト 施術前施術前
  • ミニリフト 施術後施術後
  • ミニリフト 施術前施術前
  • ミニリフト 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ミニリフト

術式
SMAS引き上げ術

費用
ミニリフト
1回…¥500,000

リスク
感染症、皮下出血、傷跡、顔面神経麻痺

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは1週間程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
3.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤の点滴と内服を開始します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。手術当日は入院となるので点滴や筋肉注射による鎮痛剤も使用できます。術後の腫れを抑えるために包帯による圧迫を行います。また、目周りの腫れを抑えるために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

皮下出血のリスクに対して
ミニリフトでは皮膚の下を剥がしてタルミを引き上げるため術後に皮下出血をおこす可能性があります。ドレーンの挿入と包帯による圧迫で皮下出血を予防しています。

傷跡に対して
当院で行うミニリフトではSMASを引き上げることによりタルミを改善させるため皮膚を引き上げることは行いません。皮膚の切除はタルミを改善した状態で余っている分の切除しか行わないため傷に対する力がかからない状態となります。傷に力がかからない状態で縫合するので傷跡は目立ちにくくなります。

顔面神経麻痺のリスクに対して
SMASの下には耳下腺があります。耳下腺の中には顔面神経が通っています。ミニリフトの手術では耳下腺を超えない範囲での手術となるので顔面神経を傷つける可能性は少ないです。

ブログ記事を見る

ドクターコメント
大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
今回頬のたるみ取りで行った方法は、ミニリフトです。2ヵ月前に法令線部分へヒアルロン酸を注入しています。
手術の方法は通常のSMAS法によるフェイスリフトと同じです。違いは、切開が短く、剥離範囲が狭いことです。しかしミニリフトの場合は手術の範囲が狭いため術後の腫れも短く、強い腫れの期間は2~3日程度です。その後、1週間で抜糸も終了し腫れもだいぶ落ち着きます。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
短いダウンタイムでしっかり「たるみ」の治療ができます。持続期間も5年~10年と長いです。

ダウンタイムを短くするために切開線を短縮し皮下の手術範囲を狭くしています。手術範囲が狭いため効果の範囲も狭くなりますが「あごのたるみ」を改善したい方にはおすすめの方法です。

この手術の難しいところは余った皮膚の処理です。SMAS膜を引き上げた結果、皮膚は余るので切除し縫合します。しかし、縫い合わされる皮膚の長さが違うため少しずつ調整しながら縫合します。それでも余りは生じるため耳の裏で調節しています。

術後は一日だけしっかり圧迫するので翌日までは包帯が必要です。手術当日はスカーフや帽子で隠して帰宅できますが、できれば一日入院または近くのホテルで一泊した方が良いでしょう。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    頬やあごのたるみを解消したい
  • Case 2
    ほうれい線が気になる
  • Case 3
    肌のハリと弾力をアップしたい
  • Case 4
    1週間以内のダウンタイムで確実に若返りをしたい

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ミニリフト

術式
SMAS引き上げ術

費用
ミニリフト
1回…¥500,000

リスク
感染症、皮下出血、傷跡、顔面神経麻痺

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは1週間程度、小さな腫れは2週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
3.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤の点滴と内服を開始します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。手術当日は入院となるので点滴や筋肉注射による鎮痛剤も使用できます。術後の腫れを抑えるために包帯による圧迫を行います。また、目周りの腫れを抑えるために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

皮下出血のリスクに対して
ミニリフトでは皮膚の下を剥がしてタルミを引き上げるため術後に皮下出血をおこす可能性があります。ドレーンの挿入と包帯による圧迫で皮下出血を予防しています。

傷跡に対して
当院で行うミニリフトではSMASを引き上げることによりタルミを改善させるため皮膚を引き上げることは行いません。皮膚の切除はタルミを改善した状態で余っている分の切除しか行わないため傷に対する力がかからない状態となります。傷に力がかからない状態で縫合するので傷跡は目立ちにくくなります。

顔面神経麻痺のリスクに対して
SMASの下には耳下腺があります。耳下腺の中には顔面神経が通っています。ミニリフトの手術では耳下腺を超えない範囲での手術となるので顔面神経を傷つける可能性は少ないです。

所要時間 3~4時間
ダウンタイム 4日~5日
腫れ・傷跡 若干
施術の痛み 痛みが1~2日
入院・通院 翌日に再診。1週間後抜糸の必要があります。
麻酔 局所麻酔・静脈麻酔
持続性 5~10年
洗顔 翌日から可能
シャワー・入浴 首下のシャワーは翌日から可能。洗髪は2~3日後から
※退院前に当院の看護師が丁寧に洗髪します。
メイク 翌日から可能

施術料金

施術名 回数 定価(税抜)
ミニリフト 1回 ¥500,000

よくあるご質問

ダウンタイムはどのぐらいですか?
約4日~5日程度で、翌日からお化粧が可能です。入院の必要はなく、翌日に再診と1週間後の抜糸で完了となります。ミニリフトは休みは取れないけれども「たるみ」をしっかりと治したい方におすすめのリフトアップです。
一度の施術でどのぐらい効果が持続しますか?
持続期間は約5~10年です。ミニリフトはダウンタイムが短いのに効果の期間が長いのが特徴です。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP