シルエットリフト(糸)

シルエットリフト(糸)

シルエットリフト(糸)

アメリカで開発された、糸を使った新しいたるみ取り。

シルエットリフト(糸)について

シルエットリフトとは

シルエットリフトとは

シルエットリフトは、美容医療の先進国であるアメリカで開発され、FDA(アメリカ食品医療局)およびヨーロッパで承認されている最新式のたるみ取りです。

これまでの切らないたるみ取り(フェザーリフト)をさらに進化させた施術方法で、左右の頬に各4本の糸を使用し、頬全体からあごのたるみをすっきりと引き上げます

まずはお気軽に
ご相談ください

無料メール相談はこちら 無料カウンセリング予約はこちら

無料電話相談
0120-80-1611

シルエットリフトは、こんな方におすすめです

  • Case 1
    頬や下あご、首のたるみで悩んでいる
  • Case 2
    ほうれい線が気になる
  • Case 3
    たるみやしわを切らずになくしたい
  • Case 4
    フェイスラインをリフトアップしたい

シルエットリフトの糸について

シルエットリフトの糸について

使用する糸は通常の糸のような平面的なものではなく、「コーン型をしたひっかかり」が付いているので、広範囲において立体的なリフトを実現します。
個人差はありますが、コーンは8カ月から10カ月ほどで体内に吸収されるので違和感はまったくありません

施術の所要時間は両頬で大体1時間ほど。局所麻酔を使用するので痛みはなく、術後の腫れは2~3日程度です。
頬の内側に糸を通す施術ですので、入院の必要はありません。

シルエットリフトと3Dリフトの違い

  • シルエットリフト

    一定方向にコーンが設置されています

    シルエットリフト 引き上げる方向 一定方向にたるみなどをしっかりと引き揚げます。 こんな悩みに ほうれい線、頬全体のたるみや首のたるみに適しています。
  • 3Dリフト

    真ん中から逆向きにコーンが設置されています

    3Dリフト 引き上げる方向 糸の中心を始点として真ん中に向けて引き合うため立体的(3D)な顔立ちになる。 こんな悩みに ほうれい線、頬のたるみや、ブロー(額)のシワにも適しています。

シルエットリフトによる頬のたるみの治療

  • 施術前
  • 施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
糸によるフェイスリフト

術式
シルエットリフト

費用
シルエットリフト
4本…¥275,000

リスク
感染症、皮下出血、引きつれ感、顔面神経麻痺

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは2~3日程度、小さな腫れは1週間程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.針跡
針跡は術後2週間程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤の内服を開始します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。

皮下出血のリスクに対して
シルエットリフトでは側頭部を切開するため術後に皮下出血を起こす可能性があります。手術中に十分な止血を行いますが、万が一、術後に皮下出血を起こした場合は洗浄や止血処置を行います。

引きつれ感のリスクに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

感染症に対して
糸で引き上げるため皮膚の浅い部分を引き上げると突っ張ったような引きつれが生じる可能性があります。通常は2週間程度で引きつれは消失します。しかし、皮膚の深い部分に糸を通すとリフト効果が弱くなりますので、浅すぎず深すぎない層へ糸を挿入するようにしています。

顔面神経麻痺のリスクに対して
顔面には顔面神経があります。顔面神経は顔の部位により深い層や浅い層を走行しているので解剖学的な理解が必要です。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
シルエットリフトとは糸を皮下に挿入してたるんでいる部分を引き上げる施術です。糸には吸収性のコーンが付いており、たるんでいる組織をしっかりと引き上げることができます。糸の固定は側頭部を3cm切開して筋膜に固定します。毛髪内なので切開は見えません。本症例では片側4本の糸を挿入しています。フェイスラインを引き上げるように糸を挿入しています。

大塚美容のこだわり

For Beauty

糸で引き上げる方法ではリフティング効果は最大です。2~3日のダウンタイムで治療が可能です。

頬やあごの「たるみ」はmalar fatやjowl fatという皮下脂肪のたるみです。皮下脂肪は長い年月をかけて徐々にたるんできます。シルエットリフトはこのたるんだ脂肪組織を特殊な糸で引き上げる方法です。糸には小さな吸収性のコーンが付いており、たるんだ脂肪組織を引き上げます。引き上げた糸は筋膜に固定されるため安定しています。

術直後の問題点は、コーンから組織がずれてしまうことです。口の動きや表情によって顔の皮膚は動かされるため、コーンによって引き上げられた脂肪組織がコーンから外れて戻ってしまう可能性があります。

当院で使用しているシルエットリフトは糸の部分は非吸収性であるため半年後や一年後に再度引き上げることが可能です。再引き上げの際には腫れることなく翌日から仕事もでき、引き上げ効果も長く持続することが特徴です。

まずはお気軽に
ご相談ください

無料メール相談はこちら 無料カウンセリング予約はこちら

無料電話相談
0120-80-1611

施術の留意点

所要時間 1時間ほど
ダウンタイム 3日~4日
腫れ・傷跡 若干
施術の痛み 針を刺す時にチクッとする程度の我慢できる痛み
入院・通院 1週間後抜糸の必要があります。
麻酔 局所麻酔
持続性 5年ほど
洗顔 翌日から可能
シャワー・入浴 シャワーは翌日から可能
メイク 翌日から可能

施術料金

施術名 本数 定価(税込)
シルエットリフト 4本 ¥275,000

まずはお気軽に
ご相談ください

無料メール相談はこちら 無料カウンセリング予約はこちら

無料電話相談
0120-80-1611

よくあるご質問

施術後、違和感が残ったりしませんか?
シルエットリフトは引き上げる力が強いため、施術後、糸を埋め込んだ皮膚の一部に陥没を認める場合がありますが、術後1ヶ月程度で埋め込んだ糸が周辺の皮膚組織に馴染んで目立たなくなっていきます。
ダウンタイムはどのぐらいですか?
シルエットリフトは腫れやむくみなどのダウンタイムは3日~4日程度、軽い内出血が見られる場合があります。

関連コンテンツ

小顔・輪郭・アゴの施術
オトガイ(あご)形成
アゴ注入術(ヒアルロン酸・レディエッセ)
アゴ形成術(プロテーゼ挿入・骨切り前方術)
アゴ縮小術(骨切り術)
こめかみ形成
こめかみ注入術(ヒアルロン酸・自己脂肪)
こめかみ形成術(プロテーゼ挿入)
頬にボリュームを出す
頬注入術(ヒアルロン酸、自己脂肪)
頬をスッキリさせる
小顔・脂肪分解注射(BNLS neo)
ハイフ ウルトラセルQプラス
頬脂肪除去(脂肪吸引・ブッカルファット)
頬骨削り・骨切り
エラを細くする(エラ形成)
エラ・小顔注入(ボトックス)
エラ・小顔整形(エラ骨切り)
額の形成
額注入術(ヒアルロン酸・レディエッセ・自己脂肪)
額形成術(プロテーゼ挿入)
内視鏡ブローリフト(額)
頬・アゴのたるみ治療
フェイスリフト
ミニリフト
フルフェイスリフト
脂肪吸引(フェイス)
切らない小顔整形
アゴ注入術(ヒアルロン酸・レディエッセ)
こめかみ注入術(ヒアルロン酸・自己脂肪)
頬注入術(ヒアルロン酸、自己脂肪)
小顔・脂肪分解注射(BNLS neo)
ハイフ ウルトラセルQ+
エラ・小顔注入(ボトックス)
額注入術(ヒアルロン酸・レディエッセ・自己脂肪)
スピーディミントリフト
シルエットリフト
歯科口腔外科治療
出っ歯の修正(上顎骨体移動術)
受け口の修正(下顎骨体移動術)
上下アゴ前突の修正(上下顎骨体移動術)
下アゴ全体の修正(下顎枝矢状分割術)
小顔・輪郭・アゴ 診療内容一覧
Web予約
クリニック一覧 ▲上へ