美容整形・美容外科なら大塚美容形成外科・歯科

乳房縮小(マンマリダクション)Q&A

乳房縮小(マンマリダクション) Q&A

乳房縮小(マンマリダクション) Q&A

大きすぎるバストを縮小して形を整える「乳房縮小(マンマリダクション)」に関するQ&A。

乳房縮小(マンマリダクション) Q&A

授乳に影響が出ないようにしたいです。
当院の乳房縮小では、乳腺組織を損傷しないで乳腺を温存することも可能です。ただし乳腺組織を残す場合は、乳房の縮小サイズが限られてしまい、大幅なサイズダウンは望めません。
バストの大きさが元に戻ることはありませんか?
急激な体重の増加などがない限りは、バストの大きさが元に戻ることはありません。ですが、加齢と共にバストの下垂が見られることはあります。
プールや海には何時から入れますか?
身体を水につけるプールや海水浴は、1ヶ月から可能です。ただし長時間の激しい運動は、傷跡が完全に落ち着くまで控えて下さい。
傷跡は完全に消えますか?
傷跡は完全に消えることはありませんが、年月の経過とともに目立たなくなります。また当院では、傷跡自体を目立たないように施術を行っております。
大きくて下垂しているバストを、小さく形良く修正することは可能ですか?
当院の乳房縮小術では、ただバストを小さくするだけはありません。患者様の身体のバランスを見てバストの大きさを調整し、形を整えますので、ご安心下さい。
乳房縮小と同時に乳輪も小さくしたいのですが。
施術方法によっては可能ですので、詳しくはカウンセリングの際に担当医にご相談下さい。
日帰り手術は可能ですか?
乳房縮小術は全身麻酔で行いますので、1日の入院をお勧めします。消毒のため翌日と抜糸のため1週間後来院が必要です。可能でしたら3日~1週間程度のお休みをお取り頂くことをお勧めします。

バスト・豊胸 Q&Aカテゴリー

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP