目もと・二重まぶた 美容整形Q&A

目もと全般 Q&A

目もと全般 Q&A

目もと・二重まぶたの美容整形の施術全般に関するQ&A。

目もと全般 Q&A

両目を一緒に手術しても、目は見えますか?
二重術の場合、眼球の手術ではありませんから、「目が見えないのでは?」「視力が悪くなるのでは?」といったことはありません。逆に、軽度の逆さまつ毛や眼瞼下垂の人の場合、二重まぶたに整える方法で目が見えやすくなり、眼球をまつ毛で傷つけることもなくなります。
歳をとった時、不自然になったりしませんか?
「整形した箇所だけ歳をとらないで、その部分だけあとから目立ってしまうのでは?」と心配される方もいるようですが、手術をしても年月が経てば、それなりにその部分も歳はとります。また、まわりの皮膚になじんでくるので、より自然な状態になってきます。
二重にすると目に傷跡が残りませんか?
当院ではまぶたの状態や希望する二重のタイプに合わせて3通りの方法があり、すべて傷跡は残りません。
「埋没法」は、メスをまったく使わず、まぶたを2~3箇所縫合します。針をさしたような小さな跡ができますが、数日で消えるので傷跡は残りません。
「マイクロ切開法」は、上まぶたの1ケ所を3~5ミリ程度切開しますが、二重のラインの一部となるので自然になります。
「切開法」は、切開する線が二重のラインとなります。切開した傷は一般的に1カ月程度赤くなりますが、メイクをすればかくれる程度です。その後「赤み」は消失し、最終的には白い線となり、メイクをしていない状態でもわからないくらいまでになります。自然な二重の人でも二重のラインは線(しわ)があります。その状態と区別できないくらいの線となります。
気に入らない場合、元に戻せますか?
何かの事情で「元の目に戻したい」「二重の幅を変えたい」という方はご相談下さい。ご希望にあった二重に再修正したり、元のまぶたの状態に戻せます。他の病院で二重まぶたの手術を受けた方で、「気に入らなくて悩んでいる」「思い通りに治したい」というご相談や修正も受け付けています。相談はいつでも無料で行っているので気軽にご予約下さい。また、「元の目に戻したい、二重を小さくしたい」という方は早めに来院をして下さい。期間が長くあきすぎたり、手術法によっては修正できない場合があります。

目もと・二重まぶたQ&Aカテゴリー

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP