逆さまつ毛治療 Q&A

逆さまつ毛治療 Q&A

美容整形外科ならではの「逆さまつ毛治療」に関するQ&A。

逆さまつ毛治療 Q&A

手術後の腫れが気になります。
埋没法の場合、手術後2日~1週間程度、切開法の場合は手術後1~2週間程度、腫れや赤み・内出血などが見られます。どちらの施術方法も、1ヶ月程度で患部が徐々に落ち着いてきます(個人差があります)。
視力に影響が出るようなことはありませんか?
視力には全く影響はありません。ですが、手術直後は目が閉じにくく感じることがあります。
コンタクトレンズはいつから着用できますか?
手術当日のレンズ使用は避け、2~3日目以降にします。
手術の痛みはどの程度ありますか?
手術前の麻酔注射の痛みだけで、手術中は痛みは全くありません。
入院や通院は必要ありますか?
入院の必要はありません。埋没法の場合は施術日当日で治療完了となります。切開法の場合は術後5~7日後に抜糸のための来院が必要です。
片目だけの施術も可能でしょうか?
可能です。詳しくはお電話または無料カウンセリングにてご相談下さい。
時間の経過とともに戻ることはありますか?
埋没法を行った場合、糸が取れて元に戻る場合があります。その他、加齢によるまぶたのたるみで皮膚が下がってしまい、上向きに修正したまつ毛が元に戻る可能性があります。
保険診療との違いを教えて下さい。
大塚美容形成外科の逆さまつ毛治療は、自由診療となっています。保険診療の施術との違いは「美容外科的な観点」です。逆さまつ毛の治療を受けると二重になりますが、当院ではただ逆さまつ毛治療を行うだけでなく、二重の仕上がりの美しさやバランスにもこだわって治療を行っています。

目もと・二重まぶたQ&Aカテゴリー

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP