二重埋没法 Q&A

二重埋没法 Q&A

メスを使わず自然な二重に導く「二重埋没法」に関するQ&A。

二重埋没法 Q&A

二重にすると目に傷跡が残りませんか?
「埋没法」は、メスを使いません。針をさしたような小さな跡ができますが、数日で消えてしまいます。
必ず希望通りの二重になりますか?
希望通りの二重をつくるには、医師とのカウンセリングが最重要です。当院では、「二重まぶた専用スティック」を使って、入念なシミュレーションを行います。希望の二重のラインや幅を医師とともに決めていきます。仕上がりとほぼ同じ二重の状態を相談の際に見ることができます。また、手術中も鏡で確認でき、希望通りの二重に修正、整えるので思い通りの目になれます。
埋没法で縫いつけた糸はそのままで大丈夫ですか?
手術で使用する糸は大きく分けて2種類です。体内に吸収される糸(吸収糸)と、体内に吸収されない糸(非吸収糸)があります。二重の手術では、体内に吸収されない糸(非吸収糸)を使用します。髪の毛よりも細い医療用の糸で、血管を縫う時に用いるものと同じです。
眠る時、目が開いたままになりませんか?
まぶたにテープやアイプチなどを使っている人は、夜、眠ろうとすると目をうまく閉じることができません。これはもともと、皮膚と皮膚とを無理にくっつけているので、まぶたが引っ張られ、目が開いてしまうのです。二重まぶたの手術の場合、筋肉を固定する方法なので、不自然に皮膚が引っ張られることはなく、目が開いたままにもなりません。また、手術後は、包帯や眼帯などをする必要はなく、そのまますぐに帰宅できます。
二重術を受けると皆同じような目になりませんか?
人それぞれ目の形や大きさは十人十色です。当院では、一人一人の目もとや顔立ち、個性やメイクの仕方まで考えてもっとも似合う二重に整えるので、他の人と同じ目になることはありません。
日常生活ができるまで何日くらいかかりますか?
二重まぶたの場合、「埋没法」なら翌々日よりお化粧もでき、ハレもほとんど気になりませんが、やはり外科手術ですから、まったくハレないとは言えません。ただし、現在の美容整形の技術は大いに進歩しており、医師の指示を守ってケアしていればハレなどはすぐに引きます。当院では、医師があなたの状態に合わせて適切なアフターケアをアドバイスをいたします。また当院は自然な二重が特徴で、とくに埋没法なら、個人差はありますが1~2週間ほどで自然な感覚になります。

目もと・二重まぶたQ&Aカテゴリー

大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士 大塚美容外科 石井 秀典医学博士ブログ
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP