スキンブースター(ヒアルロン酸)

スキンブースター(ヒアルロン酸)

繊細な部分にもヒアルロン酸が注入可能です。

スキンブースター(ヒアルロン酸)について

スキンブースター(ヒアルロン酸)とは

スキンブースター(ヒアルロン酸)とは

スキンブースターとは粒子の細かいヒアルロン酸を注入する方法です。使用するヒアルロン酸は「ビタールライト」といい、最も粒子の細かい最新のヒアルロン酸です。

非常にやわらかいため、頬全体や首、デコルテや手の甲など通常のヒアルロン酸ではなじみにくいデリケートな箇所にも注入することができます。

年齢とともにハリやツヤがなくなってしまった肌を劇的に若返らせます。また、ほうれい線やたるみ、毛穴も改善します。

スキンブースターの注入について

スキンブースターの注入について

顔の場合は頬全体に下から放射状に0.01ccずつ注入していきます。Q-MED社製の安全性の高いビタールライトを使用するため、アレルギーテストは不要です。所要時間は20分ほどです。

当院では、患者様の状態に合わせて、注入位置や範囲・注入の深さなどを調整していますので、より高い効果を得ることができます。1回だけでも高い効果を得られますが、3回セットで(4週間おきに1回)受けることにより、自らのコラーゲンも増えるためさらに若く美しい肌を長期間維持することができます。

スキンブースター(ヒアルロン酸)

  • スキンブースター(ヒアルロン酸) 施術前施術前
  • スキンブースター(ヒアルロン酸) 施術後施術後
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ヒアルロン酸注入

術式
注入方法…スキンブースター

費用
スキンブースター
1cc…¥60,000、2cc…¥100,000、1cc×3回…¥150,000、2cc×3回…¥250,000

リスク
感染症、注入した部位の皮膚の不整

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
ヒアルロン酸注入は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
皮膚の浅い部分にヒアルロン酸を注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

感染症に対して
ヒアルロン酸注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。

注入した部位の皮膚の不整に対して
皮膚の不整とは注入した部位の皮膚がミミズばれのように「でこぼこ」が出来てしまった状態です。皮膚の厚みに合わせて注入する深さ、使用するヒアルロン酸を調節することが必要です。

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
「スキンブースター」は、粒子が小さく柔らかいヒアルロン酸「ビタールライト」を特殊な器具を使って注入するので手軽ですし、痛みもほとんどありません。即効性があるので翌日にはプルプル感を味わうことができます。
なお、今までのヒアルロン酸との一番の違いは、「注入する場所」。今までは「真皮と脂肪の間」に注入していたのですが、今回の「スキンブースター」は、粒子がとても小さいため「真皮の中」に注入することができます。
真皮の中にヒアルロン酸を注入することによって、真皮内の皮膚が伸び、細胞はダメージを受けているように感じ沢山のコラーゲン線維を作り出します。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
主な効果は「肌のはり」です。はりの改善とともに細かいしわや陥凹部の治療もできます。

従来のヒアルロン酸は粒子の大きさから皮膚の内部に注入するとデコボコするため皮膚の下に注入していました。スキンブースターで使用しているヒアルロン酸は粒子が細かく皮膚の内部に注入することができます。

ヒアルロン酸には給水力があるため水分を集め保持することができます。要するに皮膚の水分量が増えるため肌質が潤い、はりが出てきます。肌全体のはりが出てくるとリフトアップの効果もでてきます。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    肌全体にハリを出したい方
  • Case 2
    潤いやツヤ感をアップしたい
  • Case 3
    ほうれい線やたるみを改善したい
  • Case 4
    頬のたるみで悩んでいる
  • Case 5
    たるんで開いた毛穴を目立たなくしたい
  • Case 6
    化粧水や美容液を浸透させて艶やかな肌になりたい

施術の詳細・留意点

施術詳細(リスクと副作用)
手術名
ヒアルロン酸注入

術式
注入方法…スキンブースター

費用
スキンブースター
1cc…¥60,000、2cc…¥100,000、1cc×3回…¥150,000、2cc×3回…¥250,000

リスク
感染症、注入した部位の皮膚の不整

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
ヒアルロン酸注入は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
皮膚の浅い部分にヒアルロン酸を注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

感染症に対して
ヒアルロン酸注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。

注入した部位の皮膚の不整に対して
皮膚の不整とは注入した部位の皮膚がミミズばれのように「でこぼこ」が出来てしまった状態です。皮膚の厚みに合わせて注入する深さ、使用するヒアルロン酸を調節することが必要です。

所要時間 20分
ダウンタイム なし
腫れ・傷跡 特になし
施術の痛み チクっとする程度
入院・通院 なし
麻酔 必要な方には麻酔クリームを塗布します
持続性 3ヵ月~6ヵ月
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 当日から可能

施術料金

施術名 容量 回数 定価(税抜)
スキンブースター(ヒアルロン酸) 1cc 1回 ¥60,000
3回 ¥100,000
2cc 1回 ¥100,000
3回 ¥250,000

※しわやたるみの程度により、注入量には個人差が生じます。

よくあるご質問

どんな場所に注入できますか?
スキンブースターに使用するヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の中でも最も粒子が小さくソフトなため、目尻・デコルテ・首・手の甲などのデリケートな部位への注入に適しています。
注入後の持続期間は?
個人差はありますが、大体3ヵ月~6ヵ月です。
肌・美容皮膚科の施術
しみ・あざ・肝斑
トレチノイン治療
Qスイッチルビーレーザー
∨ビームレーザー
ほくろ・いぼ
電気メス、CO2レーザー
ほくろ取り(切縫)
クマ
ヒアルロン酸注入
レディエッセ注入
Qスイッチルビーレーザー
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
しわ
エンディメッドPro
エンディメッド フラクショナル
プラセンタ内服カプセル
ヒアルロン酸注入
ボトックス注入
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
内視鏡ブローリフト(額)
たるみ
エンディメッドPro
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
スピーディミントリフト(糸)
シルエットリフト(糸)
フェイスリフト
ミニリフト
フルフェイスリフト
内視鏡ブローリフト(額)
こめかみリフト
脂肪吸引(フェイスライン)
上まぶたたるみ取り(切開法)
上まぶたたるみ取り(FB埋没法)
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
ニキビ・ニキビ跡治療
エンディメッド フラクショナル
トレチノイン治療
ケミカルピーリング
∨ビームレーザー
フラクショナルレーザー
CO2レーザー
内服薬(ニキビ治療)
赤ら顔
∨ビームレーザー
タトゥー・入れ墨除去(消し)
レーザー除去
切縫・皮膚移植
美容皮膚科・スキンケア
マッサージピール(PRX-T33®)
トレチノイン治療
プラセンタ内服カプセル
飲む日焼け止め(ヘリオケア・ソルプロ)
ラシャスリップス(リップグロス)
ドクターズコスメ NBシリーズ
クレンジングオイル
フェイシャルフォーム
モイスチャーローション
トーニングローション
モイスチャーエッセンス
パーフェクトクリーム
UVプロテクション
ソフトピーリングジェル
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP