レディエッセ注入

レディエッセ注入

目の下のクマや下まぶたのたるみに最適です。

レディエッセ注入について

レディエッセとは

レディエッセとは

レディエッセとは、骨や歯を形成するカルシウムの一種であるハイドロキシアパタイトが主成分の注入剤で、一般の外科診療でも使われています。

レディエッセはヒアルロン酸よりも粘性が強く、注入後は約2週間ほどかけてゆっくりと固まるため、自然な膨らみやハリになります。傷跡やダウンタイムもなく、個人差はあるものの効果は1年~1年半ほど持続します。生体適合性は100%、アレルギーテストも不要です。アメリカFDAやヨーロッパCEでも承認されている素材です。

レディエッセ注入が最適な下まぶたのたるみについて

レディエッセ注入が最適な下まぶたのたるみについて

レディエッセは、目の下のクマ治療に適しています。特に目の下のクマの場合は原因が様々なため、きちんと診療した上で適した治療を提案しないといけません。

クマができる原因としては色素沈着、眼窩脂肪の膨らみによる凹凸、加齢による皮膚のたるみ、一過性のものなどいくつかありますが、このうちレディエッセを使用するのは、眼球を支えている眼輪筋の衰えが原因の場合です。

通常は、眼輪筋が眼窩脂肪(目の下の脂肪)をネットのように支えているのですが、加齢によって脂肪を支えてる眼輪筋が衰え、さらに眼球を支えている隔膜も同時にゆるんでくるため眼窩脂肪が前のほうに押し出されてしまい、若い頃にはなかったくぼみが目の下にできてしまいます。結果、目の下に陰影が入りクマのように黒くなって見えます。

眼窩脂肪が多い場合は、レディエッセ注入だけではなく、下まぶたの内側から余分な脂肪を除去する脱脂法を併用します。施術はまぶたの内側で行うので、傷跡も残らず抜糸も不要です。

注入に使用する針「ピクセルカニューレ」

注入に使用する針「ピクセルカニューレ」

下まぶたは皮膚がとても薄く、血管も多いため、注入の際には細心の注意が必要です。皮膚組織を傷つけないように従来の注射器ではなく、「鈍針」と呼ばれる先端の丸い「ピクセルカニューレ」という針を使用します。

ピクセルカニューレの特徴は、組織を傷付けにくいので腫れが抑えられるということです。また、先端が丸いために毛細血管を傷つけにくく、内出血がしにくいという特徴もあります。外科経験が多く技術力のある医師が行うことで、内出血等を最小限に抑えることができます。
更にピクセルカニューレは注入の際に痛みが少ないというメリットもあり、痛みに不安を感じる方も安心して施術を受けて頂けます。

レディエッセ

  • レディエッセ 施術前施術前(Flashあり)
  • レディエッセ 施術後施術後(Flashあり)

  • レディエッセ 施術前施術前(Flashなし)
  • レディエッセ 施術後施術後(Flashなし)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
レディエッセによるクマ治療

術式
カニューレ針を使用したレディエッセ注入

術式詳細
下まぶたの陥凹部に対するレディエッセ注入

費用
レディエッセ
1.5ml…¥180,000
0.8ml…¥130,000

リスク
感染症、皮下出血、皮膚壊死

副作用
1.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
2.針孔の赤み
針孔の赤み レディエッセ注入は注入部位に針を刺すので針孔が赤くなります。赤みは2~3日で消失します。

リスクと副作用に対する予防
皮膚の浅い部分にヒアルロン酸を注入すると内出血をおこす可能性があります。注入時と注入直後に圧迫止血を行うことにより内出血を抑えることができます。

針孔の赤みに対して
針を皮膚に刺すことにより炎症反応がおきるため皮膚が赤くなります。炎症反応を抑える目的で注入直後はステロイド含有軟こうを使用します。また、注入直後のアイシングも有効です。

注入時の痛みに対して
麻酔クリームにより針を刺す痛みを軽減することができます。注入する部位によってはブロック麻酔を使うこともできます。

感染症に対して
レディエッセ注入による感染症は非常に少ないですが、万が一、感染症が起きた場合には抗生剤の内服治療を行います。

注入した部位の皮膚の不整に対して
皮膚の不整とは注入した部位の皮膚がミミズばれのように「でこぼこ」が出来てしまった状態です。皮膚の厚みに合わせて注入する深さ、使用するヒアルロン酸を調節することが必要です。

皮下出血に対して
下まぶたは血管の多い部位なので針を何回も刺入すると血管から出血する可能性があります。当院ではカニューレ針という鈍針を使用して血管を傷つけないようにして注入しています。

皮膚壊死に対して
レディエッセの注入は骨上の深さに注入しますが、誤って筋層内の深さに注入すると筋層内を通る血管内に入ってしまう可能性もあります。血管内に多くのレディエッセを注入すると皮膚壊死を招く恐れもあります。顔面の正確な解剖を理解していることと丁寧な注入手技が必要となります。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
老けによるくまのお悩みで来院されました。くまには原因がいくつかあり切開を伴う外科的手術が必要な場合と注射による施術があります。この方の治療方法はレディエッセ注入です。レディエッセとはハイドロキシアパタイトという成分で骨に含まれている成分と同じです。眼窩下緑の上に注入することによりくまの部分の陥没を持ち上げます。 この方のように下まぶたの脂肪に原因がない場合は、注射のみの治療で簡単にくまを消すことができます。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
目の下の凹みに自然な膨らみを作ります。

目の下の凹みを膨らます場合に最も注意しなければならないことは、膨らみすぎないように注入することです。そのためには注入する部位と注入物の種類が重要となります。まず、部位は眼窩下縁という骨の直上に注入します。注入物の種類としてはヒアルロン酸ではなくレディエッセを使用します。

ヒアルロン酸は注入すると水分を吸収して膨らむため自然な状態になるまで1~2ヵ月ほどかかります。一方、レディエッセは注入後に徐々に固まるため注入した量よりも膨らむことはなく、骨の近くに注入するため固まってくることによって、触った感じもより自然な感触になります。ただし、注意点はヒアルロン酸のように溶かすことはできないため確かな技術が必要となります。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    目の下のクマが気になる
  • Case 2
    頬の上部に斜めのくぼんだラインがある

施術の留意点

所要時間 20分
ダウンタイム なし
腫れ・傷跡 特になし
施術の痛み チクっとする程度
入院・通院 なし
麻酔 必要な方には麻酔クリームを塗布します
持続性 1~1.5年
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 当日から可能

施術料金

施術名 容量 定価(税抜)
レディエッセ注入 1.5cc ¥180,000
0.8cc ¥130,000

よくあるご質問

レディエッセ注入後の持続期間は?
レディエッセの注入量や個人差で多少の違いはありますが、大体1~1.5年持続します。
ヒアルロン酸とレディエッセの違いとは?
ヒアルロン酸もレディエッセも、どちらもシワ解消の注入術に使われる注入剤で、どちらも人体に元々ある成分を使用していますので、安全性には問題ありません。
ヒアルロン酸とレディエッセの最大の違いは、ヒアルロン酸は目元や口元などの細かくデリケートなパーツの治療が可能なのに対し、レディエッセは深いシワの治療に高い効果を発揮します。
肌・美容皮膚科の施術
しみ・あざ・肝斑
トレチノイン治療
Qスイッチルビーレーザー
∨ビームレーザー
ほくろ・いぼ
電気メス、CO2レーザー
ほくろ取り(切縫)
クマ
ヒアルロン酸注入
レディエッセ注入
Qスイッチルビーレーザー
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
しわ
エンディメッドPro
エンディメッド フラクショナル
プラセンタ内服カプセル
ヒアルロン酸注入
ボトックス注入
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
内視鏡ブローリフト(額)
たるみ
エンディメッドPro
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
スピーディミントリフト(糸)
シルエットリフト(糸)
フェイスリフト
ミニリフト
フルフェイスリフト
内視鏡ブローリフト(額)
こめかみリフト
脂肪吸引(フェイスライン)
上まぶたたるみ取り(切開法)
上まぶたたるみ取り(FB埋没法)
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
ニキビ・ニキビ跡治療
エンディメッド フラクショナル
トレチノイン治療
ケミカルピーリング
∨ビームレーザー
フラクショナルレーザー
CO2レーザー
内服薬(ニキビ治療)
赤ら顔
∨ビームレーザー
タトゥー・入れ墨除去(消し)
レーザー除去
切縫・皮膚移植
美容皮膚科・スキンケア
マッサージピール(PRX-T33®)
トレチノイン治療
プラセンタ内服カプセル
飲む日焼け止め(ヘリオケア・ソルプロ)
ラシャスリップス(リップグロス)
ドクターズコスメ NBシリーズ
クレンジングオイル
フェイシャルフォーム
モイスチャーローション
トーニングローション
モイスチャーエッセンス
パーフェクトクリーム
UVプロテクション
ソフトピーリングジェル
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP