上まぶたたるみ取り(切開法)

上まぶたたるみ取り(切開法)

余分な上まぶたのたるみを取り除いて、優しい目元に。

上まぶたたるみ取り(切開法)について

上まぶたたるみ取り(切開法)とは

上まぶたたるみ取り(切開法)とは

年齢を重ねるにつれ、どうしても皮膚がたるんでしまうため、まぶたに覆い被さり、目が三角形に見えてしまうようになります。目が三角形に見えると「老けている」「キツそう」「眠そう」という印象を与えてしまうことも。

「上まぶたたるみ取り(切開法)」とは、年齢とともにたるんでしまった上まぶたのたるみを取り除き、三角形に見えてしまう目を改善する施術です。

また、まぶたがたるむと、視野が狭くなって目が疲れてしまい、肩こりの原因になっていることもあります。そのため、施術を行うことにより肩こりや頭痛が解消する場合もあります。

上まぶたたるみ取り(切開法)の特徴

上まぶたたるみ取り(切開法)の特徴

上まぶたたるみ取り(切開法)は眉の下のラインにそって切開し、余分な皮膚を取り除きます。
施術の所要時間は1時間ほど。眉の下を切開するので、傷跡は目立ちません。術後、1週間後に抜糸をする必要があります。

「上まぶたがたるみ、老けて見られてしまう」「まぶたが覆い被さって視野が狭い」「目が開けにくく、頭痛や肩こりがある」という方におすすめです。

フォーエバーブリリアント埋没法、眉毛下切開法

  • 施術前
  • 施術後(術後1週間)
施術後(1ヶ月後)
施術詳細(リスクと副作用)
手術名
上まぶたのタルミ取り術

術式
眉毛下切開法+埋没法

術式詳細
眉毛下切開と3点連結瞼板固定法による埋没法

費用
二重術(フォーエバーブリリアント埋没法)
3点連結(5年保証)
片目…¥90,000
両目…¥150,000

4点連結(10年保証)
片目…¥150,000
両目…¥250,000

眉毛下切開法
片目…¥280,000
両目…¥400,000

リスク
感染症、皮下出血、後戻り、左右差、傷跡、ドライアイ

副作用
1.術後の腫脹
大きな腫れは2週間程度、小さな腫れは1~2か月程度あります。
2.内出血
術後に内出血を起こす可能性があります。通常は2週間程度で自然に消失します。
3.傷跡
傷跡は術後1~2か月程度赤くなります。
4.術後痛み
手術当日から翌日にかけては手術による痛みが出現する可能性があります。

リスクと副作用に対する予防
術後の感染症に対する予防的投与として抗生剤を処方します。術後の痛みに対して鎮痛剤と共に胃粘膜保護剤を処方します。術後の腫脹を軽減するために術後2日間の瞼に対するアイシングを推奨しています。

傷跡に対する予防
眉毛下切開法では眉毛の生え際に沿って切開した傷があります。当院では傷跡が目立たないように切開線のデザインを調節して手術を行っています。傷跡はステロイド含有軟こうを短期間使用することで赤みを抑えることができます。また、術後は紫外線ケアをすることで術後の色素沈着を抑えることができます。

ブログ記事を見る

ドクターコメント

大塚美容形成外科のこだわり大塚院院長
石井 秀典 医学博士
まず埋没法(フォーエバーブリリアント法)で二重のラインをしっかりと出し、次に眉毛下皮膚切除によって、上まぶたのたるみ取り手術を行っています。すると二重の形は自然な状態のまま二重の幅を広げることができるため、希望の二重のラインをキープしつつ若返り効果を得ることができます。
唯一の欠点である傷は眉毛の下の部分なので隠すことは出来ませが、形成外科的な縫合方法によりきれいに治すことが可能です。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
より自然に、若いころの目元に近づける方法です。切開する方法ですがほとんど腫れない手術です。
自然なまぶたと不自然なまぶた

上まぶたのたるみの原因として、
(1)上まぶたの皮膚の余り
(2)眼瞼下垂(まぶたが開きにくい状態)
(3)眉毛下垂(おでこの筋肉が緩んでいる状態)
があります。

まずは何が原因か診察することが大切です。
手術は眉毛の下のラインで切開し、たるんでいる皮膚を切除してからきれいに縫合します。程度の軽い「たるみ」に対しては二重を広げていくだけで改善します。
しかしここで大切なことは「皮膚の厚み」です。皮膚が厚い人で二重を広げていくと厚い二重となり、いわゆる「手術しました」という二重になってしまいます。
そのような時には上まぶたのたるみ取り手術が適しています。眉毛の位置でたるみを取ります。二重の部分には手術をしないため自然な目元となります。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    まぶたが重く、目が開けにくい
  • Case 2
    上まぶたがたるんでいるため、老けて見られてしまう
  • Case 3
    たるみにより、二重ラインが隠れている

施術の留意点

所要時間 1時間程度
ダウンタイム 2日~3日
腫れ・傷跡 強い腫れはなし
施術の痛み なし~1日
入院・通院 1週間後抜糸の必要があります
麻酔 局所麻酔
持続性 半永久的
洗顔 当日から可能(目の周囲以外)※傷の部分は2日後から
シャワー・入浴 当日から可能
メイク 抜糸後から可能

施術料金

施術名 場所 定価(税抜)
上まぶたたるみ取り(切開法) 片目 ¥252,000
両目 ¥360,000

よくあるご質問

まぶたの余分な脂肪も抜去してもらいたいのですが。
カウンセリング後に医師が診察を行い、実際に患者様のお顔を確認した上で、余分な脂肪があると判断した場合、除去いたします。
上まぶたの脂肪を除去しすぎると目元がくぼんで老けた印象になってしまいますので、脂肪を除去する場合は、患者様のお顔のバランスを見つつ、適量を除去します。
術後の傷跡が気になります。
上まぶたたるみ取り(切開法)は、メスを使った切開手術です。なので、術後数日はどうしても患部の腫れが出てしまいます。ですが、傷跡は時間の経過とともに気にならなくなります。
肌・美容皮膚科の施術
しみ・あざ・肝斑
トレチノイン治療
Qスイッチルビーレーザー
∨ビームレーザー
ほくろ・いぼ
電気メス、CO2レーザー
ほくろ取り(切縫)
クマ
ヒアルロン酸注入
レディエッセ注入
Qスイッチルビーレーザー
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
しわ
エンディメッドPro
エンディメッド フラクショナル
プラセンタ内服カプセル
ヒアルロン酸注入
ボトックス注入
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
内視鏡ブローリフト(額)
たるみ
エンディメッドPro
Vシェイプ
スキンブースター(ヒアルロン酸)
スピーディミントリフト(糸)
シルエットリフト(糸)
フェイスリフト
ミニリフト
フルフェイスリフト
内視鏡ブローリフト(額)
こめかみリフト
脂肪吸引(フェイスライン)
上まぶたたるみ取り(切開法)
上まぶたたるみ取り(FB埋没法)
下まぶたたるみ取り(切開法)
下まぶたたるみ取り(脱脂法)
下まぶたたるみ取り(ハムラー法)
ニキビ・ニキビ跡治療
エンディメッド フラクショナル
トレチノイン治療
ケミカルピーリング
∨ビームレーザー
フラクショナルレーザー
CO2レーザー
内服薬(ニキビ治療)
赤ら顔
∨ビームレーザー
タトゥー・入れ墨除去(消し)
レーザー除去
切縫・皮膚移植
美容皮膚科・スキンケア
マッサージピール(PRX-T33®)
トレチノイン治療
プラセンタ内服カプセル
飲む日焼け止め(ヘリオケア・ソルプロ)
ラシャスリップス(リップグロス)
ドクターズコスメ NBシリーズ
クレンジングオイル
フェイシャルフォーム
モイスチャーローション
トーニングローション
モイスチャーエッセンス
パーフェクトクリーム
UVプロテクション
ソフトピーリングジェル
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
平成12年 帝京大学医学部 卒業
平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
平成18年 大塚美容形成外科 入局
平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 19年

所属学会・団体
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本形成外科学会会員
取得専門医
日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士
肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP