下まぶたたるみ取り(脱脂法)

下まぶたたるみ取り(脱脂法)

目元の余分な脂肪を取り、若々しい肌に。

下まぶたたるみ取り(脱脂法)について

下まぶたたるみ取り(脱脂法)とは

下まぶたたるみ取り(脱脂法)とは

目元の皮膚は薄く、また、頻繁にまばたきをするために筋肉の動きが激しいのでたるみなどの老化が起きやすいパーツになっています。
加齢により下まぶたがたるみ、クマや目袋ができると老けて疲れた印象を与えてしまいます。

下まぶたたるみ取り(脱脂法)は、こういったクマや目袋を解消する施術です。

下まぶたたるみ取り(脱脂法)の特徴

下まぶたたるみ取り(脱脂法)の特徴

下まぶたたるみ取り(脱脂法)は下まぶたの裏側から行う「経結膜脱脂術」で手術を行います。(皮膚の切開は行いません)

「経結膜脱脂術」は下まぶたの裏側を切開して余分な脂肪を取り除くため、傷跡は見えません。所要時間は1時間ほどと短く、体への負担も少なくてすみます。
顔の印象は目元で決まります。施術を行い、目元が変わると一気に若々しい印象になります。

「加齢による目の下のふくらみが目立つ」「目袋があり、老けて見られる」「クマがあって疲れているように見えてしまう」という悩みがある方におすすめです。

大塚美容のこだわり

大塚美容形成外科 当院のこだわり 大塚院院長
石井秀典 医学博士
目の下の膨らみ(baggy eye)を改善する方法です。同時にヒアルロン酸注入を行うと「くま」の治療にも最適です。

脱脂法は結膜側(まぶたの裏の赤い部分)から手術するので傷は見えません。
目の下にできる膨らみは眼窩脂肪という袋に包まれた脂肪が原因です。下まぶたの眼窩脂肪は3部位に分かれているので必要な部位の脂肪を切除していきます。縫合は吸収される糸で行うので抜糸の必要はありません。

膨らみの下は陥凹している部分(眼頬溝)です。ここが強く陥凹していると影となるため「くま」と呼ばれます。脱脂法と同時にこの陥凹部にヒアルロン酸を注入すると「くま」も改善するため若返り効果が高いです。

こんな悩みの方に

  • Case 1
    目元のたるみやクマで悩んでいる
  • Case 2
    下まぶたがたるみ、老けて見える
  • Case 3
    目袋が気になる

施術の留意点

所要時間 1時間程度
ダウンタイム 1日~2日
腫れ・傷跡 なし
施術の痛み なし
入院・通院 なし
麻酔 点眼麻酔・局所麻酔
持続性 半永久的
洗顔 当日から可能
シャワー・入浴 当日からシャワーは可能。入浴は翌日から。
メイク 当日から可能

施術料金

施術名 場所 定価(税抜)
下まぶたたるみ取り(脱脂法) 片目 ¥100,000
両目 ¥200,000

よくあるご質問

傷跡はどのぐらい目立ちますか?
下まぶたたるみ取り(脱脂法)は、下まぶたの裏側の結膜から切開し、余分な脂肪を取り除くため、施術後の傷跡は全くわかりません。
コンタクトレンズはいつから着用できますか?
患者様の術後経過によって多少の前後はありますが、通常、術後3日後からコンタクトレンズの装着が可能となっております。
大塚院院長大塚院金沢院京都院

石井 秀典医学博士Hidenori Ishii M.D. , Ph.D.

大塚院院長 石井 秀典医学博士
略歴
  • 平成12年 帝京大学医学部 卒業
  • 平成12年 帝京大学医学部形成外科 入局
  • 平成17年 杏林大学病院 形成外科 入局
  • 平成18年 大塚美容形成外科 入局
  • 平成18年 医学博士号 学位取得

帝京大学医学部 形成・口腔顎顔面外科学講座 非常勤講師
美容形成外科歴 18年

所属学会・団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本創傷外科学会
国際形成外科学会会員
日本外科学会会員

取得専門医

日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
日本形成外科学会専門医
医学博士

肌・美容皮膚科 その他診療内容 注目のおすすめ施術 スカルプシュアー エンディメッドPro ヒアルロン酸注入 ネット通販 ドクターズコスメ NBシリーズ 飲む日焼け止め ドクターブログ ドクター石井の美容ブログ 大塚美容形成外科 総院長 ドクター半田俊哉ブログ ドクター藤巻の美容歯科・歯科口腔外科ブログ 大塚美容外科横浜院 ドクター井田ブログ 大塚美容外科札幌院 ドクター武田ブログ 大塚美容外科 ドクター佐藤ブログ 大塚美容外科 ドクター桐渕ブログ
フリーダイヤル 無料カウンセリング予約 クリニック一覧 TOP